2014/12/14 政治
【総選挙2014】田中康夫さんが語る「全てがphony(まがいもの)の時代」の政治家の選び方

先日、「33年後のなんとなく、クリスタル」を発表した作家の田中康夫さん。
衆議院議員、参議院議員、長野県知事と、政治家としても活躍してきた。

田中さんは今回の総選挙を、羊頭狗肉選挙、朝三暮四選挙、国共合作選挙だと名付ける。「この国のカタチを語りたがる人が多いが、この国のカタチではなくあり方を語るべきだと思っている」と話す。

国益を語る前に、国民益を語れーー。

これも田中さんの言葉だ。
いま、政治家に求められる資質とは何か、投票前に聞いておきたい田中康夫さんのインタビュー。

プロデュース :horijun
Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top