2020/04/02 国際
カナダあたりまえ通信10

カナダ バンクーバー近郊より

2020年世界中でCOVID19(コロナウィルス)の感染拡大により日々の生活が一変してしまいました。私の住むブリティッシュコロンビア州も感染者が増え、非常事態宣言とともに学校は休校・Essential Worker(生活に必要不可欠な職業の方々)以外は、不要不急の外出は控えるような状況です。非常事態宣言が出る前は、Panic Shopper(買いだめをする人)が多く見受けられトイレットペーパーはじめ色々なものが在庫切れになりました。お年寄りや体の不自由な方にとって長時間入店するためや会計を待つ列に並ぶことや品物自体を購入できなくなり困っているという報道を受けてすぐにスーパー側が対応しました。近所のお年寄りや困っている人たちの代わりに買い物などヘルプをする人たちもたくさんいます。また、自分のことやその家族がありながらも働きCOVID19と戦っている医療従事者の方たちに対する敬意は、誰もが持っています。自宅に戻り家族に感染させてしまうリスクがあることを考慮し車で寝ていた看護師の方の報道などにより、ホテルやAirbnbが無償で部屋を提供したりもしています。コミュニティ全体で医療従事者の方たちを応援しています。先行き不透明な状況で行動も制限されていますが、ひとりひとりが感染拡大しないように心掛けつつ日々過ごしています。どんな状況でも相手を思いやる気持ちを持っていれば明るい明日が見えてきそうですね。

プロデュース :高橋輝美
Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top