私の望みは平等な権利―― 映画「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」

2005年、ドメスティック・パートナーシップ法が認められている米・ニュージャージー州オーシャン群に優秀な刑事・ローレル(ジュリアン・ムーア)と自動車整備士のステイシー(エレン・ペイジ)、という一組の同性カップルがいた。

 

取り巻く環境も年の差も異なる2人。

衝突しながらお互いを尊重し、強い絆で結ばれた2人は施行されて間もないドメスティック・パートナーシップ制度に登録し、幸せな日々を過ごしていた。

 

そんなある日、ローレルにガンが見つかる。

 

自分に残された時間がわずかと知ったローレルは警官としての遺族年金をステイシーに遺そうと群政委員に申請を出したが…。

 

2人は「夫婦」と認められず却下されてしまう。

 

限られた時間の中で「愛する女性に正当な権利を残したい」と訴える続けるローレル。

 

彼女の勇気ある訴えに、同僚やコミュニティが動かされていく…。

 

 

 

映画「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」

2016年11月26日より新宿ピカデリー、角川シネマ有楽町ほか全国順次公開

公式サイト

http://handsoflove.jp/

 

プロデュース :yamadayuka

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top