2016/05/25 社会
熊本県阿蘇郡西原村河原地区

熊本震災により壊滅的な状況の新興住宅地です。団地の私道が地割れ、地盤沈下により住宅地も日に日に傾いてきてます。私道と言うことで、村も県も後回し対応、

補助は出ないとのこと。同じような環境の地域は他にもあります。事態が事態だけに国からの補助が必要かと思う事例です。

車で団地内に行くことも出来ず、日に日に地盤沈下が進んでいるので、いつ団地が崩れるのか住民は日々心配してます。全部の家が築数年で古くても6年。新しくて約1年。これからローンを払い続けなければならない矢先に私道の費用となると

住民はこれからどうやって生計をやっていけばいいのでしょうか?

国がもっと力を入れてサポートして頂けれるよう私たちが情報発信していきます。

 

プロデュース :園田鉄也

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top