2015/09/28 政治
奥田愛基×芝田万奈×本間信和「SEALDs」中心メンバーが日本外国特派員協会にて記者会見

日本の自由で民主的な社会を守るための学生団体「SEALDs」の衷心メンバーの奥田愛基さん、芝田万奈さん、本間信和さんが2015年9月16日、都内・日本外国特派員協会にて記者会見を行った。

 

奥田さんは

 

「今回の問題というのは、単純に安保法制の問題ではなくて、憲法を蔑ろのままに法律を作ってしまう、と。法の支配でなく法律の支配という言葉を安倍首相は遣っていて、法律と憲法のどちらが優先するのか、゛とちらが最高法規かということを現政権は理解していない。対案を示せとか、安全保障上の議論があるのでという話もたくさんあると思う。しかし、憲法上、大きな問題を抱えた法律がその中には含まれている。11個の法案を2つにまとめて審議してしまったがために、安全保障上の議論がまともに審議できなくなっている。まとめられて審議されている状況下では、立憲主義や憲法の理念といった根幹的な発想が理解できる人であれば、この安保法制には反対せざるを得ない……と思っている。」

 

と述べ、アベ安保法制の欠陥を指摘した。

 

情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

ご寄付の御願い (4)

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top