2015/09/14 政治
【安保法制】安保法制に反対・行動する日本のアーティストがハチ公前でONE PEACE FEST開催 Japanese Artists Against PM Abe’s Unconstitutional Security Bills Throw A Free Festival For Peace

政権与党の自民党と公明党による、集団的自衛権の行使を可能にする安保法制の参院での強行採決が迫る9月12日と13日、渋谷のハチ公前で安保に反対するアーティスト達が ”ONE PEACE FEST”を開催。出演はDJ沖野修也、DELI、山本太郎、三宅洋平、喜納昌吉。

 

 

選曲した愛と自由と平和についての音楽をハチ公前で流しながら、若者をたぶらかせているみたいに誤解されることが多い職業かもしれないけれど、DJだって考えている、自由と平和がなくなったら、僕の仕事もなくなるしね、と沖野さん。

 

 

国会中継を見ていても、全然議論の足りないところがたくさんあるとDELIさんは言い、311までは、社会問題については音楽の中に想いを込めるくらいで満足していたけど、今はもう音楽だけだと間に合わないくらいの状態になって、松戸の市議にもなったし、こうして安保反対の意思を街頭で音楽家として示すために、今日もハチ公前に来ました、と話した。

 

 

参議院議員の山本太郎さんはスピーチを行い、9月10日に経団連が行った、武器の生産と輸出を日本の国策として進めるべきだという提言などに触れ、アベノミクスの3本目の矢、成長戦略とは武器のことだったんです、と話した。

 

 

デモだけだと駄目だと感じたあげく、311後に参院選に立候補したミュージシャンの三宅洋平さんは、1度や2度大きなデモをやって変わるほど国づくりというのは簡単なものではないので、一喜一憂せず、息を長く、できるだけ家族や友達を運動のために犠牲にしたりしないように、手を取り合って団結してやっていきましょうと呼び掛けた。平和主義や人間の権利だけではなく、地球の生態系の権利も認めるような視野の広い憲法についても述べた。

 

 

沖縄の喜納昌吉さんは、言論の自由は憲法の中ではなく人の心の中にあり、人の勇気が言論の自由を開くための鍵となる、人間が魂を爆発させれば核も消え、人の心に風が吹き、雨が降れば砂漠化もとまり地球が緑になると、詩的な言葉で語った。

 

 

今日9月14日、「#14日決戦」と名付けられた国会前の安保反対のデモで、再びフェンスが決壊し、国会前正門前の道路は解放され人々で埋まった。

 

 

Japanese artists, DJ Shuya Okino, DELI (a rapper and a city council member of Matsudo City), Taro Yamamoto (Upper House member), Yohei Miyake, Shoukichi Kina threw “One Peace Fest” to oppose PM Abe’s security bills on Sep 12th and 13th in Shibuya, Tokyo. They played music and talked about the current situation, called for the solidarity, right next to one of Tokyo’s largest intersection of Shibuya scramble crossing.

 

 

Japan’s ruling parties LDP(Liberal Democratic Party) and Komei Party are likely to forcibly pass the  security bills in the Upper House very soon, probably this week. The security bills are largely considered unconstitutional because the bill will enable Japanese self defence force to go abroad and use forces with allies such as the United States.

 

 

After the 311 nuclear disaster, LDP and Komei Party under the PM Abe have been passing undemocratic laws such as the state secrecy law, and further promoting and re-opening “safe” nuclear power plants without fixing Fukushima’s disaster, agreeing controversial “trade agreement” TPP, enforcing more expensive consumption tax, and forcibly constructing a new American military base in Henoko, Okinawa against the popular will of Okinawa people.     Japan has been seeing the continuous and growing surge of protests on various issues. For the security bills, student group SEALDs gathered the momentum, and the protests are spreading all over Japan among the peace loving people.

プロデュース :蜂谷翔子

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top