2015/09/10 国際
【仏国】極右マリーヌ=ルペン「国民戦線」党首が暴言?! 「シリア難民の99%は経済目的だ」

フランスの極右政党「国民戦線」のマリーヌ=ルペン党首&欧州議会議員は2015年9月8日にラジオ放送「RMC」の番組に電話出演した。

 

ルペン党首はシリア難民について

 

「政治難民はほとんどおらず、超少数者(ultra-minoritaires)だといえる。私はテレビでハンガリーやドイツなどで密航者が駅に降り立ち、受け入れられる映像を見ている。映像に出てくる99%は男性だ。私が思うに、これらの男性は家族を現地においたまま、祖国を離れていて、迫害されたから出国したのでない。明らかに亡命した理由は経済目的(des raisons économiques)だ」

 

と述べた上で、

 

「私たちが直面しているのは、経済的な移民・流入だ(une immigration économique)」

 

と強調し、シリア難民の受け入れに反対する意向を示した。

 

左派系日刊紙「リベラシオン」はルペン党首の発言を受けて8日付けで、「マリーヌ=ルペンよ、シリア移民の99%は男性ではないし、経済移民でもない」(Non Marine Le Pen, 99% des réfugiés ne sont pas des hommes, ni des migrants économiques)と題する記事を掲載し、ルペン党首の主張に反論した。

 

情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top