2015/09/01 政治
8月30日、安保法制反対の抗議活動 地上5メートルからの観察/日比谷公園から国会前まで

8月30日、全国での参加者100万人を目標に、安保法制反対の抗議活動がよびかけられていました。うしのすけさんに誘われたぼくは、自分にもできることがないかと考えて、地上5メートルくらいからの鳥の目線での俯瞰映像を撮影することにしました。

 

うしのすけさんは、在日米軍基地のある神奈川県に安保法制の是非を問うため、8月10日に神奈川県庁を包囲した「かながわアクション」で活動している似顔絵描きさんです。(本職はグラフィックデザイナー)

 

鳥の目線で撮影したデモの様子は動画をみてください。4分21秒あります。
https://youtu.be/6ohr-TAI14M

 

国会前交差点からの少し短いバージョン(内容は同じ)3分。
https://youtu.be/QcUAT9Eq8KU

 

ここからは、撮影の状況をレポートします。

 

タクシーで日比谷公園に到着したのは14時少し前。全体にのんびりした雰囲気で、仲間の到着を待つ人同士が目印になるグループの旗を立てておしゃべりしていました。日比谷図書文化館前で、うしのすけさんと打ち合わせをしながら撮影のセッティング。

 

14時すぎ、国会議事堂を目指して出発。日比谷公園の霞ヶ関駅側にある霞門へ向かいました。霞門の日比谷ステージでは、たまたま公明党を批判するスピーチが行われていました。集まってる人は小さい子供からお年寄りまで幅広く、車道に出ると、人が歩道にぎっしりと並んでいて、デモの空気にちょっぴり緊張感がまざりはじめます。

 

霞ヶ関駅周辺の省庁のビルの間を抜けながら、外務省前の宣伝カーステージの前を通り、六本木通りを国会前まで移動するルートを歩きました。警察の人が車道側を歩きながら、「国会前は混雑してるのでご理解とご協力をお願いします」と国会へ向かう人に声をかけていました。

 

国会議事堂前の横断歩道を警察の人がベルトで封鎖していて、「すいません。迂回してください」と、おだやかに繰り返し声をかけていました。でも、目の前が国会議事堂なのにとイライラしはじめた歩行者にはあまり効果はなく、一人また一人とすき間を抜けていく人が続いていて、抜けていく人には「危ないですよ。十分注意してください」と、やはりおだやかに声をかけていました。ぼくらも他の人たちと同じようにして国会側に渡りましたが、警察の人に押し返されたりすることはまったくなく、すんなり間を抜けさせてくれました。

 

国会前の車道に広がったデモの参加者は、思い思いのやり方でアピールしながら、国会に向かって少しずつ間をつめているところでした。小川のように続いている一部の移動する人たちの作るすき間をなぞりながら、国会前ステージの目の前まで行くことができました。振り返ると、そこから戻るのはほぼ不可能に近い状態で、ほんの短い間に人が押し寄せていました。

 

雨がまた降りはじめていました。

 

ぼくは、このデモが、ぼくたちの進化につながることを願っています。

プロデュース :森田和彦

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

  • @ozyszm 2015-09-01 07:26:06
    高度規制で望遠になる空撮の画に比べ、低空飛行のドローンから広角で撮ったようなこちらの臨場感は素晴らしい。GJ!
  • ts 2015-09-01 08:28:05
    安保法制に反対する人は、国家の存立について対案を示してから反対すべきでしょう。
    立憲主義がいくら大切であっても、国家の存立が前提の事柄です。
    専門バカの憲法学者に惑わされてはいけません。
  • 中村俊一郎 2015-09-01 08:31:48
    戦争法案に反対する日本の歴史に残る貴重な映像ありがとうございました。
    警察、多くのマスコミまでがこの事実を
    覆い隠そうとしたことに怒りを持ちます。
  • 中村俊一郎 2015-09-01 08:34:34
    戦争法案に反対する日本の歴史に残る貴重な映像ありがとうございました。
  • SPi 2015-09-01 09:43:17
    この安保法政も原発と同じ必要な部分と不必要な項目が有ると思いますが、軍備膨張の懸念は有るので、国民的には負担がのしかかるでも廃案とは行かないと思う?
  • うりぼっくり 2015-09-01 10:53:15
    これだけの人が交通費と時間を負担してまで集まったのか。私も強い抗議の意思を持っているが、ここに来た人はそれ以上だ。行動した人達に改めて敬意を表します。
  • 菊池智昭 2015-09-01 11:07:52
    国民の安全を確保するための法案に反対する人の気持が理解できない。
  • 素晴らしい 2015-09-01 11:59:48
    お疲れ様‼️
    凄い参加者を実感しました。
    産経新聞は国会議事堂前の上空からの写真の一部分だけ9ブロックに分割して参加者数を試算。32400人が室数に近いと少なく報道している。ふざけた新聞だ‼️
  • 2015-09-01 22:54:09
    この動画、とてもよかったです。新しい発想の撮り方ですよね!❗️
    いつまでも残しておかなければならないと思う!大事な証拠です。拡散もしないと!!
  • ノンシュガー 2015-09-01 23:41:41
    これすごい!私はどうにか国会前に入れましたが、霞が関方面とかどうなってるのかずっと気になってました。ありがとうございます‼︎
  • アマゾネス 2015-09-02 09:07:36
    戦争法案は「国の存立」のための法案ではない。
    アメリカの軍事戦略に自衛隊(国民の命と財産)をどう差し出すかの法案。間違えるな。
  • りえら 2015-09-03 10:16:43
    主催者は列整備をするどころか、
    逆に煽って警察の誘導を無視させて
    付近の車が2時間以上往生する混乱を引き起こしました。

    普通に許される事ではありませんが、そんな無法を「憲法を守れ」と主張する為にやったと堂々と主張しているのだから…。
    落語のオチのように笑える。

    普通、千人以上の人を集めるイベントは、
    適量の警備と誘導役の人員を自費で雇ってなんとか運営しています。
    それをすべて警察に丸投げした上に、
    その警察まで邪魔者扱いとは言語道断。

    法の公平性のために、彼らは法に則って、然るべき罰をうけるべきでしょう。
    そうなったら私は心から警察を賞賛します。
  • KUBOTA 2015-09-05 09:34:42
     「対案を示せ」と,何処かの誰かの物まねのように言う人がいるが,法案そのものが「憲法違反」なのだから対案以前の,お話にならない言い分の事程度は認識してもらいたいものだ.理解出来ているの?.映像は非常に具体的で秀逸.
  • matusita 2015-09-07 15:03:32
    法案内容を詳細に理解をしないで単純に憲法違反と決めつけてもしかしたら?とのりの状況でのデモに見えます。共産党や社会党のように思想が根本にある方々の意見に相乗りするような行動では国防を考えているとはいえません。戦争をするなど全く間違ったのぼりやマイク発言をこのように大々的に報じる方々はやはり同思想ですか?このように自由奔放にできるデモ行動や安倍は人間ではないなど暴言が自由に発せられる現政権は自由民主主義や基本的人権や法の支配を遵守している模範政権ではなのでしょうか?
  • Georgehak 2015-09-16 15:26:12
    http://www.niketwoutlet.com/
    [url=http://www.nikestoreshoes.com.tw/]台北nike鞋子專賣店[/url]
    [url=http://www.niketwoutlet.com/]新竹nike air force專賣店[/url]
    [url=http://www.nikestoreshoes.com.tw/]nike氣墊鞋max[/url]
    [url=http://www.niketwoutlet.com/]nike路跑鞋推薦[/url]
    [url=http://www.niketwoutlet.com/]土城nike鞋子專賣店[/url]
    [url=http://www.nikestoreshoes.com.tw/]好穿nike籃球鞋[/url]
  • エールベベ 360ターンs2 リクライニング 2015-09-16 15:26:50
    Initially, hip hop garments abrasus 百貨店 a for wome 薄い財布abrasusアブラサス n were quite similar to the styles abrasus 百貨店 a patronized by men. Though certain colors were unlike from those of men, like purple and hot pin adidas パーカー 値段 k, the designs for both 薄い財布abrasusアブラサス the sexes remained the same, boxy, baggy and big. Women would wear baggy pants
Page Top