2015/06/10 地域
続・核燃料輸送 横須賀から新潟へ。
 〜 一般道を走っていく輸送トラック 〜

2015年6月9日午前3時20分頃。
大雨警報が発令される土砂降りの雨の中、横須賀市にある核燃料製造工場
(株)グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパンから今年二回目の
核燃料輸送が行われ、新潟県柏崎刈羽原発6号機に向けて新燃料176体が
輸送されました。
柏崎刈羽原発は全7基が停止中ですが、6、7号機は原子力規制委員会による
新規制基準の適合性申請をしており、再稼働に向けて現在審査会合実地中です。

東京電力によると、柏崎刈羽原発5~7号機の新燃料610体を今年の9月までに
4回に分けて搬入する予定となっており、前回の5月19日には、7号機用の200体が
GNFから運び込まれ、今回の176体で第1四半期分が終了。
GNFからは残り5号機分の30体が第2四半期に予定されています。

核燃料輸送トラックは警察などにより警備されてはいますが、私たちが普段通る道
一般道や高速道路を普通に走っていきます。
埼玉辺りまで追跡してた方によると、横須賀から新潟へ行く途中の高速道路では
事故が起きたりしていたそうです。またちょうど埼玉に入った辺りで茨城県を震源
とした地震が発生したりしました。

今回は無事に新潟の柏崎刈羽原発に核燃料を搬入する事ができましたが
万が一事故や地震に巻き込まれた時、もしもその近くに自分がいた場合、
私たちはどのように対処したら良いのでしょうか?

もし皆さんの前を走るトラックに放射能のマークが付いていたら、
どう思いますか?

=========================================

東京電力 柏崎刈羽原子力発電所 平成27年度燃料輸送計画

http://www.tepco.co.jp/kk-np/data/municipality/pdf/2014/27033001.pdf

プロデュース :城島めぐみ

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top