2015/02/09 社会
【シリーズ「復興」】僕らがやらなくちゃ! 〜福島県いわきの声を聴く旅、農業の現場から〜

2014年の夏、私たちは原発事故が起こった福島県の農業の現状と、
農家さんの思いを知りたくて旅に出ました。
場所は福島県いわき市にあるとまとランドいわきさんです。

そこでは、ITを駆使した最新型の農業施設を運営するなど
いままで見た事のない新しい農業の形を見せて頂く事ができました。
また原発事故以降、現地の方達がどんな風に想い、
取り組んでいるのかを直接現地に行く事で知る事が出来ました。

その後、福島の人達と東京の人達の福島県産の農産物に対する
考え方の違いを知りたくて、いわきと東京の自由が丘で
街頭インタビューを行いました。
その答えは、年代や状況になどにより様々でした。

あくまでも今回の映像は福島県の現状の一部ですが、
間もなく震災から4年を迎える中で福島県の情報が
少なくなって来ている今、少しでも現地の声を聴き、
知って行く事が、そしてそれを伝えていく事が
大切だと思っています。

現状に対する感じ方は人それぞれですが、
この映像が、ご覧になる皆さんが考える上での、
一つの参考になれば幸いです。

取材:
Megumi Johjima
Michiko Yamakawa

music:
aokiken

協力:
とまとランドいわき
http://www.sunshinetomato.co.jp/index.html

いわき市見せる課「いわき見える化プロジェクト」
http://misemasu-iwaki.jp/index.html

Vege Cafe  いわき駅ビル店
https://www.facebook.com/vegecafeiwaki

プロデュース :ジャーナルツーリズム

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top