2014/12/28 地域
【シリーズ「復興」】十割そばを打った!食べた!福島の”ほんとう”を訪ねる「しらかわグリーンツーリズム」

福島県白河市にて、そば打ち体験をしました。福島県南産のそば粉を用い、つなぎを使わない十割そば。十割そばは打つのが大変、というイメージがあると思いますが、コツさえつかめば、そば打ちが初めての素人にも打てました。
—–
出来上がったお蕎麦はやはり十割だけあって、非常に香りよく、つけそば以外にも温かいお出汁のかけでもいただきましたが、生まれて初めての美味しさでした。これが蕎麦の本当の美味しさなのだと、知りました。
—–
この動画をアップロードしているのは、折しも年末。年越しそばを自分で打ってみるのも、一興ではないでしょうか。
—–
このそば打ち体験は、福島県白河市を始めとした県南の「ほんとう」を訪ねる「しらかわグリーンツーリズム」の一環です。福島ってどんなところなのか、どれくらい、知っていますか?
—–
「原発事故があった県」という表面だけで忌避されてしまう一方、福島の方たちはこうしたツーリズムを通じて福島の姿を知ってもらい、復興につなげようと努力しておられます。
—–
そば打ち体験もそのひとつです。単純にグルメ動画として楽しんでいただいても良し、しかしその奥に福島の方たちの思いがあるということに思いを馳せていただければ、幸いです。

プロデュース :西村晴子

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top