2014/12/08 政治
【総選挙2014】同性愛者初の衆院議員、誕生か?!石川大我「社民党」東京比例候補が訴え

同性愛者であることを公表している前豊島区議会議員で東京比例ブロックに出馬している石川大我「社民党」候補者が2014年12月6日、都内・渋谷ハチ公にて演説を行った。欧州では同性愛者であることを公表している議員は多数存在する。日本でも初の「オープンリーゲイ」の衆院議員が誕生するか……注目を集めている。

 

石川大我・候補はチラシで次のように訴えている。

●石川大我・候補の主張

「政治は人を幸せにするためにある---」
そんな当たり前のことが今の政治には出来ていない、そう思います。
消費税の増税、ブラック企業、過労死、年金の切り下げ…。
社民党は、政治を必要としている人たちの、小さな声を国会へ届けたい。
“小さな私たち”が集まり、横につながるとき、壁は取り払われ、もはや、マイノリティではなくなっているのです。
親の所得に関係なく、子ども達が将来の夢を描ける街、愛する恋人同士が性別に関係なく祝福される街、老後の暮らしに不安のない街、多様な人たちがお互いを尊重し合って暮らせる街、そんなニッポンをつくりたい。
ぜひ、社民党をご支援ください。
私、石川大我を国会へ送ってください。

 

France10は広告収入に依らないタブーなき報道のために皆様からの御寄付を御願いしております。

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top