2014/11/07 地域
【東日本大震災から3年半】復興を旗印にしたグルメ大会、福島県相馬市で開催。地元相馬からは4業者が出店、果たして栄光はどこに?詳報です。
回を重ねて8回目にもなる「復興グルメF-1大会」。2014年11月2日(日)、今回は福島県相馬市で開催されました。福島県内では、第5回の南相馬市に続いての開催になります。今回は16出店者による大会となりました。
—–
岩手・宮城・福島の、主に沿岸部の被災地が開発したグルメを堪能できるこの大会、今回は漁業でもひときわ有名な相馬での開催でもあり、地元相馬からは4業者が出店しました。
—–
相馬双葉漁協女性部相馬支部、リボーン相馬、松川浦観光振興グループ、No Donco No Soma。投票による栄光をつかむ出店者はいたのでしょうか。詳報版です。速報版はこちらをごらんください。
http://8bitnews.org/?p=3784
—–
復興を旗印にしたこのグルメ大会も、一度の開催で6000人以上を集めるほどの人気大会に育ちました。「F-1」の「F」は「復興」の「F」です。
—–
沿岸部の被災地が多いだけあって特産の水産物を素材に使ったグルメが多いのが特徴です。それぞれ工夫を凝らし、素材の美味しさを引き出す調理をしています。筆者も何品か頂きましたが、そのどれもが滋味深い味で、投票するのに困るほどです。
—–
優勝した出店者は、優勝に相応しい、味付けだけによらない素材の美味しさを十分に引き出したところでした。そして、地元開催というドラマにぴたりとはまった劇的な幕切れとなりました。
—–
動画中にはありませんが、ゆるキャラやご当地ヒーローの参加、またお笑い芸人によるライブもあったりと、実に充実した大会となりました。全体の様子の一部のみとはなりますが、にぎわいが伝われば幸いです。
—–
なお、復興グルメF-1大会についてさらに詳しく知りたい方は、こちらまでアクセスしてください。https://www.facebook.com/fukkogourmet
プロデュース :西村晴子

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top