2014/07/24 政治
「亡国の政治」と決別し、未来に責任を負う新しい政治を-志位和夫「日本共産党」委員長が講演

日本共産党の志位和夫・委員長は2014年7月15日、都内にて催された「日本共産党創立92周年記念講演会」に登壇し、支持者を前に1時間30分近くにわたる講演を行った。

講演会の時間割
山下芳生「日本共産党」書記局長・挨拶(0:08-)
写真家の石川文洋さんビデオメッセージ(1:55-)
漫画家の高口里純さんビデオメッセージ(5:18-)
聖護院門跡門主の宮城泰年さんビデオメッセージ(7:53-)
志位和夫・委員長による講演(12:10-)

基調講演インデックス

集団的自衛権

-「海外で戦争する国」づくり(Ⅰ)

①米国の戦争に自衛隊が「戦闘地域」まで行って軍事支援を行う

②「自衛の措置」の名で海外での戦争にのりだす

③戦後日本の国の在り方を根底から覆す-失われものは何か

④暴走する根本に安倍首相の反動的野望

⑤たたかいの帰趨を決めるのは輿論と運動

⑥北東アジアの平和と安定をどうはかるか

暮らし破壊の「逆立ち」経済(Ⅱ)

①消費税大増税-説明がつかない3重の「逆立ち」税制

②株価のためなら何でもあり 「後は野となれ山となれ」だ

③日本経済の病理を正す日本共産党の提案

原発再稼働を許さず、

「原発ゼロの日本」へ(Ⅲ)

①安倍内閣が進める被災地切り捨て政治

②原発再稼働差し止めの福井地裁判決の歴史的意義

米軍新基地建設ストップ、

基地なき沖縄を(Ⅳ)

①「銃剣とブルドーザー」による土地強奪の再現を許すな

②沖縄「建白書」こそ団結の要-保守・革新によるオール沖縄を

日本共産党は未来に

責任を負う党(Ⅴ)

①綱領-未来への確かな羅針盤を持つ党

②歴史-確かな歴史を持つ党でこそ、未来を拓く先頭に立てる

③草の根-国民の力を一つに集め、歴史を動かし、未来を拓く力に

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top