2018/09/17 地域
台風21号からまもなく2週間 支援を待つ現場 京都・平野神社が壊滅的被害 募金始まる

奈良時代後期、そして平安遷都の頃、1200年以上の歴史を持つ京都市北区の平野神社。

今月4日に「強い勢力」のまま上陸した台風21号によって拝殿が倒壊するなど甚大な被害を受けました。

拝殿は徳川秀忠の娘東福門院が江戸時代に建立したとされる歴史的な建造物で、京都府指定文化財に指定されています。拝殿は柱が全て折れ、檜皮葺(ひわだぶき)の屋根が崩落しました。平野神社は桜の名所としても知られていますが、その桜も十数本が倒れてしまいました。

14日から参道が通れるようになり、地元の方々を中心に募金と参拝に訪れる方が後を絶ちません。

「神楽や音楽会が開かれる場所でもあるんです。胸が痛みます。なんとしてでも再建してほしい」そう語って倒壊した拝殿を見つめる方もいました。

平野神社の中村聡朗さんによると、拝殿は一旦解体し、使える部材を再利用し費用を抑えながら再建を目指したいと話しています。

ただし、再建にかかる費用がどの程度の額になるのかはまだわかりません。

「数億円単位でしょうか?」という質問に対し、「億はいかないという話もありました。1億円いくか、いかないか。ただし本殿の茅葺屋根も被害を受けるなどしているのではっきりとした額はわかりません。ボランティアで片付けに来てくださった方もいて皆さんの協力に大変感謝しています。再建がわたし達の復興だと思っていますので、風化することなくお力をお貸しください」と語ります。

平野神社では、募金を受け付けています。
http://www.hiranojinja.com/tai-feng21haono-bei-hainiyoru-fu-xingnogo-zhi-yuannitsukimashite

【義援金振込先】
京都中央信用金庫:金閣寺支店:普通口座:0848299
口座名義 シュウ)ヒラノジンジャ

プロデュース :horijun
Share on Facebook
LINEで送る

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top