2017/10/16 政治
【総選挙2017】ジャーナリスト・田原総一朗さんが野党をメッタ切り!「あなたたちは何も主張していない」

2017年10月13日、日本を代表するジャーナリスト、田原総一朗氏が、日本外国特派員協会にて、記者会見を行い、沢山のプレスが駆け付けた。

 

ゲイレポーター、酒井佑人さんは、沢山の著名人に取材するなか、自民党の支持率の高さに違和感を持ち

 

「世間の各政党への支持率を調査した統計では自民党29%で圧倒との話ですが、こまで自民党が支持率が高いのは何故だとお考えでしょうか?」

 

と質問をしたところ

 

「私は野党の党首達に、アベノミクスに代わる対案を示してほしいと何回も発言した。ところが、誰も対案など示さない!国民はアベノミクスに満足してるのではなく、野党がそれに代わる対案を示さない事に大きな問題がある。希望の党のユリノミクスも似たようなもので、中身がない。結論を言うと、野党が何も主張していないからだ。」

 

とアベノミクスに対抗する対案を出せない、希望の党、ユリノミクスそして野党をメッタ切りした。

 

続けて、France10支局長である及川健二氏が

 

「女性天皇や女性宮家の創設についてどのようにお考えか?」

 

との質問をすると

 

「勿論、いずれも大賛成だ!反対してるのは天皇を敵だと思っている日本の右翼である。天皇も日本の右翼と闘っている。」

 

と天皇と右翼の現状と、創設についての賛成の意義を述べた。

 

取材&文:酒井佑人(ゲイレポーター)

 

France10はParis長期滞在取材の為に財政がひっ迫しております。今後もフランス発の情報を発信するため、寄付をいただければ幸いに存じます。ご支援のほどよろしく御願い申し上げます。

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top