2017/07/16 芸術
【音楽/music】オーライ・ガンジーとモウカ・レコーズの旅2017: Alright Gandhi and Mouca Records’ Trips 2017

「たくさんの人が一般的な言葉や文脈を使って世界について話すように世界について語らないように気をつけている。一般的な回路を使うと、物事を行き詰まらせるから。」

2017年の世の中についてどう感じるかとドイツのベルリンを拠点にしている3人編成のバンド、オーライ・ガンジーのヴォーカルのロサ・メルセデスに聞くと、彼女はそう答えた。

 

 

When I asked Rosa Mercedes, a vocalist of Alright Gandhi, 3-piece-band based in Berlin, how she feels about the world today, she said, “I think I’m careful not to talk about it in the way people talk about it in general. It is kind of perpetuating things.”

 

 

「意思の疎通をするための様々な『言語』がある。政治の『言語』やニュースの『言語』や、ある種の語り方、ある種の世界を描写する方法。それから音楽とアートの『言語』がある。これが私の選んだ『言語』で、私は世界について詩で話したい。私は定められた既存のデフォルトとは違う風に、大きな悪い流れに逆って生きるための力や勇気を人に与えたい。政治の世界の言語を使うことが必ずしも役に立つとは私は思わない。私はその言語を信じていないだけ。私は政治と法律を勉強していたけど、出口がないわ。政治的な問題は、無際限に存在し続ける。この政治的な『言語』は政治的な問題そのものを永続的に存在させ続けるための方法のようなものを発見した。本物の問題は存在する。直接人をサポートすることや、音楽や詩を通して既存のデフォルトとは違う選択をすることを後押しすることの方がずっとパワフルだわ。もしも人に対してこうしなさいああしなさいと言うことや、これは良いとかこれは悪いと押し付けることもやめて、人があらゆることに対して実際に疑問を持てるようにできれば。なぜなら押し付けるということが間違っている部分だと思うの。人々は物事が進んでゆく基本的な方向性について疑問を持たない。そのようにして私たちは様々なことが起こるのを許してしまう。そういうわけで、私と政治の関係というのは複雑なんだけど、とにかく意思の疎通をするために政治的な『言語』を使うということは、意思の疎通にとっての最善のやり方ではない。分断みたいなもの。誰か対誰か。私に関しては、 政治を勉強すればするほど自分が力を失ってゆくような気持ちになった。自分に力があるんだという感覚がなければ、人は何もしない。人はある種の曲を聴いて何かが重要だと感じたり、力を得ることができる。それは本物の悪いものに対抗するためのずっと強い武器になってくれるし、人を本当の自分でないものにしようとしたりはしない。誰もそんな枠の中の小さな世界のルールに合わせて考える必要はない」と彼女は言った。

 

 

Rosa said, “there are different languages to communicate with people. there’s a language of politics, news and that way of talking, that way of describing the world. There are the languages of music and art. This is the language I choose. I wanna talk about the world in poetry. I want to empower people and encourage them to live, to live differently to the default, the default or just following the big bad current. I don’t think it helps necessarily to use the political language. I just don’t really believe in it. I studied politics and law. And I finished my studies. There’s no way out of this. This is self-perpetuating. This way of talking has somehow created a way to keep itself alive. Real problems exist. In a way to solve them you can encourage people to support each other, or to make different choices through music and poetry which is far more powerful. I think if you don’t say “do this or do that, this is good or this is bad”, if you can get people to actually question everything, then things can get better. People don’t question the basic ways that things are going. And the way we all let these things happen. Yeah so, I guess I have my relationship with politics, and it is kind of complicated, but the whole thing about what people do to communicate, is not the best way to communicate. It’s like dividing. It is by default a game of power, where someone is always against someone. I noticed myself that the more I learned about it, the less empowered I felt. Nobody would do anything if they wouldn’t feel empowered. A song can make you feel the importance of things and that is somehow powerful. That’s a far stronger weapon against real evil and at the same time it doesn’t encourage people to be someone they are not. No one needs to think inside the boxed universe.”

 

 

「もしもいつも『良い』選択をするなら、あなたにとって自由とは何なの…」 という歌詞が好きだと言うと、「『悪い』選択をしないといけないときもある」と言って彼女は笑った。

 

 

I told her that “What does freedom mean to you if you always choose the good…” was one of my favorite lines from their 1st album “Little Traveller.” Then she said, “sometimes you have to make bad choices,” and laughed.

 

 

私たちが話しているとき、東京では雨が降っていて、オーライ・ガンジーはスペインのサンタンダーという街でのライブを終えて、スペインとポルトガルの街を回るツアーの終盤に入っているところだった。今彼らはアメリカ合衆国のどこかにいて、秋にはタイ、マレーシア、日本をツアーする。アジアツアーは「シュールレアリズム的な感じ。(モウカ・レコーズの)オーガストが私たちにツアーが可能だと言って、それは実際に起こることになった、そしてそれは素晴らしいものになる。私にとってアジアツアーに行こうと言われるのは、宇宙みたいなとこに行こうと言われるのと似ているかも。私のいる現実とはすごく違う。だから最高。こういうことは大好き。全くわからない。ただとても好奇心がある。全然想像がつかない」とロサは言った。

 

 

When we were doing an interview, it was raining in Tokyo. It was some time after Alright Gandhi finished playing in a city called Santander in Spain. They were finishing up their 3-week-long Spain/ Portugal tour. Now they are somewhere in the United States, and they will be touring in Asian countries such as Thailand, Malaysia and Japan this fall. Rosa said it is “surreal. It’s something that Augusto (Mouca Records) tells us it can happen and it will happen and it’s gonna be amazing. To me it’s like kind of similar to telling me that we gonna go out to space or something. It’s super different from my reality. So it’s awesome. I love that kind of thing. I don’t know, I’m just very curious. No idea.”

 

 

オーライ・ガンジーは今2枚目のアルバムを制作中で、セカンドアルバムは「旅するバンドによるスナップショット」だとロサは言った。

 

 

Alright Gandhi is making their 2nd album right now. Rosa described that it is snapshots by a touring band.

 

 

彼らの1枚目のアルバム「リトル・トラベラー」は、ロサが「住んでいる」けど不在の街、ベルリンにあるスタジオから素早く生まれた。ロサとドミニク・グレイとペトロ・フォルナラの3人はベルリンのスタジオで時間がわからなくなるほど長い時間を過ごした。ロサが詩を書き、メロディーを歌い始め、そこに自然発生的に音を加える。全てがとても素早く進む中で録音された1枚目のアルバムは、自然で奔放なソングライティングプロセスの記録になった。多くの曲は瞬間のことや、結晶化させてリアルになった何かについてで、結晶化したランダムなシーン、気まぐれで遊び心のある雰囲気、ロマンチックなセンセーションのかけら、強く反抗的なスタンス、人を温かく勇気づけるラインが混ざっている。セカンドアルバムの制作プロセスはファーストとは違って、丹念に何度も演奏を繰り返すことで曲を形づくっていっている。

 

 

Alright Gandhi’s first album “Little Traveller” was born swiftly out of a studio in Berlin, the city Rosa “lives” but she is never really there these days. This 3-week-long tour they just finished was the most daily life she had in a while. There is no routine in Berlin and from time to time she goes to a forest outside of Berlin. When they were recording “Little Traveller,” Rosa, Dominick Gray and Pietro Fornara hanged out in the studio for what it felt like ages. The process starts when Rosa writes a poem, after she spontaneously sings the melodies, then the rest of the sounds start following. Sometimes they recorded songs on the very same day she throws out words and melodies. It was very quick. It was a recording of natural and spontaneous writing process. A lot of songs are about moments or something that has crystallized and became real. The second album they are recording is very different. It comes from playing a lot. They play, loop and form the songs.

 

 

*

 

 

離れているように感じても、時間と空間は連続性の中に存在していて、世界は繋がっている。私が音楽の世界で仕事をしてきたオーガスト・リマやミュージシャンのロサと出会ったのは、私が生きた音楽やアートの『言語』に出会ったカリフォルニア州サンディエゴを去って東京に住み始めてから約4年が経った頃で、サンディエゴの友人のトラヴィス・トレヴィサンを通してだった。トラヴィスのバンド、テープ・デック・マウンテンは、バー・ピンクというバーで初めて観た。その夜はノース・パーク・ミュージック・シングという地元の音楽イベントの夜で、 私は幸せに酔っぱらっていた。地元のバンドが街中で演奏していて、道は人で溢れていて、バーも人でいっぱいで、胸が高鳴った。「人はみんな同じだ」 とその夜一緒にバーを回っていた友達のジョーダン・ハモンドが言った。彼もまた酔っぱらっていて、バンドマンで、プリミティブ・ノイズというバンドをやっていた。彼は偶発的にヒッピー的なテイストと哲学的なテイストの効いたことを口にする友人だった。政治の話もよくしたし、もちろん音楽やアートの話もよくした。彼はアメリカ人で、私は日本人だった。私たちが一緒に酒を飲んだり、バンドを見たり、モクモク煙草を吸ったりするのはもちろん何の問題もないことだった。それは約7年前の夜で、大統領はオバマで、まだどの州でもマリファナは合法化されていなかった。私たちはみんなでボロい車で西海岸を演奏ツアーしたり、絵を描いたり、パーティーをしたり、本を読んだり、ガレージで音楽をつくったり、酒屋でウィスキーやビールを買って集まっては、好きなことについて好きなように話したりしていた。

 

 

Even if it might feel separated, the time and the space exist in the continuity, and the world is connected. I met Augusto Lima, a music promoter, and Rosa, a musician, through my friend Travis Trevisan, a musician I met in San Diego, the city I encountered the living language of art and music. I remember well the night I saw Travis´ band Tape Deck Mountain at Bar Pink during North Park Music Thing. I was blissfully drunk. Local bands were playing all over the town. The streets were full of people. Bars were packed. “People are the same,” said my friend Jordan Hammond, who was also drunk. He played music in a band called Primitive Noyes. He was a kind of friend who randomly said things with a hippie philosophical twists. We talked about politics a lot, and of course talked about art and music a lot. He was an American. I was a Japanese. And it didn’t matter for us to be drinking, seeing local bands and smoking lots of cigarets together. And that was like 7 years ago. The president was Barak Obama, and marijuana wasn’t legal in any state yet. I left SD about 4 years ago and started living in Tokyo, a much bigger city.

 

 

*

 

 

オーガストは、何年も音楽プロモーターとして活躍してきた。ヨーロッパのポルトガル、ドイツ、リトアニアを拠点にしたモウカ・レコーズ(Mouca Records)という小さな「レコードレーベル」を持っている。
レーベルを始めるときにはニューヨークのブルックリンでリリースパーティーをした。それからソニック・ユースのサーストン・モーアとリー・ラナルドや、キャット・パワー、ビル・カラハン、マウント・イーリー、レ・トン・マイト、アスナ、ディーン・ワレハムなど、たくさんの アーティストと仕事をしてきた。

 

 

Augusto Lima has been working as a promoter for musicians for many years. He has a small “label” called Mouca Records, based in Europe (Portugal, Germany and Lithuania). The label started with a release party in Brooklyn, NYC, and has been working with artists like Thurston Moore and Lee Ranaldo from Sonic Youth, Cat Power, Bill Callahan, Mt Eerie, Le Ton Mité, Asuna, Dean Wareham and many others.

 

 

トラヴィスがオーガストを私に紹介した後、「オーライ・ガンジー(Alright Gandhi)のツアーのブッキングをしようとしているんだけど、何らかの形で関わってもらえたら嬉しいと思っているんだ」とオーガストからメッセージがきた。

 

 

After Travis introduced him to me, he wrote, “I’m trying to book a tour for Alright Ghandhi. It’d be great if you’d like to be involved somehow.”

 

 

 

「是非何かしたい」と私は返事をした。

 

 

“I’d love to help,” I replied.

 

 

オーガストは、ツアーこそミュージシャンにとって大切だと考えていると言った。例えば、彼が初めてXiu Xiu(スースー)というバンドに会った頃、彼らは年間に300以上のライブをやっていた。最近では彼らはデイヴィッド・リンチとコラボレートしたりしている。ミュージシャンがそんな風に生き抜くことができるということを知るのは素晴らしいことだった。昔ほどレコードやCDが売れなくなったのは、彼にとってはそんなに悪いことではなかった。ミュージシャンとリスナーの間に「産業」の介入が少なければ少ないほど良い。実際のところ、モウカ・レコーズは厳密な意味での「レーベル」ではなく、「アイディア」のようなもので、契約も独占もない。彼の「アイディア」というのはシンプルで、彼はバンドやバンドのつくるアートや音楽を所有することを好まないというところからきている。レーベルがアーティストの創作活動のプロセスに対して力を持ってしまうとき、物事が悪い方向に進んでしまうこともある。また、物事を信頼関係の中で進めたいと彼は考えている。信頼をつくるために契約書や署名が必要なら、そもそも一緒に何かをする価値はないのかもしれないと彼は感じる。もちろんみんなにとってそれがいいというわけではないけれど、アーティストが1つの契約に頼ることなく生き抜く為の様々な方法を見つけることができる自由を持てるというのは気持ちがいい、と彼は言った。

 

 

To him, music is really about touring. When he first met Xiu Xiu, they were doing more than 300 shows a year. Now they are collaborating with David Lynch. Knowing that musicians can survive like that was very impressive. Business sides, such as distribution, is the least favorite part of the music “industry” to him. Bands don’t sell as many records/CDs compared to the past now. And it’s not a bad thing to him. The less intervention from the “industry” between the artists and listeners the better. Mouca Records isn’t actually a “label.” It’s more like an “idea.” There are no contracts and there is no exclusivity. His “idea” is quite simply. It come from the fact he doesn’t like own bands, their music and art. Sometimes things can go wrong when labels actually have power over the bands’ creative process.

 

 

“It’s all about trust. If you need a paper and a stamp, signatures to achieve trust, then maybe it’s not worth it. And it feels so good to have this freedom…where artists can find their many ways without counting on a single deal…of course this is not for everybody,” he said.

 

 

しばらくの間、オーガスト自身もよく旅をしていた。彼はある時はタイに、それから沖縄、ベトナム、マレーシア、 シンガポールにいた。リトアニア人のガールフレンド、ダリアとオーストラリアのケインズからシドニーへのロードトリップもした。旅をしながら彼は異国で新しい人々と音楽に出会い、音楽のプレイリストを作り、モウカ・レコーズのウェブサイトで誰でも聴くことができるようにした。旅の方法の1つとして、例えばビジネスのプロモーションのためのビデオをつくるかわりにキャンピングカーを無料で貸してもらったりするとか、人々がフェアな物々交換をできるようにするためのシステム、「ワークアウェイ」を時々利用した。旅の途中に出会った再生可能エネルギーのプロジェクトについて書いたりビデオをつくったりもした。ダリアが旅の美しさについて書くこともあった。彼女は訪れた場所や、人々について書き、時には写真に物事を語らせた。

 

 

For a while, Augusto seemed to be always traveling. One of the times he was in Thailand, another time he was in Okinawa, then Vietnam, Malaysia, Singapore. Recently he just finished a road trip from Cairns to Sydney in Australia with his Lithuanian girlfriend Dalia. As he travelled and met new people and new music, he made mixtapes putting them available on Mouca´s website. For the methods of traveling, sometimes they did workaway and other times they offered their video production skills to, for example, borrow a campervan for free. Along the way they wrote and made a video about a sustainable energy project. Sometimes Dalia wrote about the beauty of the trip. She wrote about the places, people, and also let the photos speak.

 

 

アジアを旅した後、彼はヨーロッパなど西洋の文化圏だけではなく、ツアーについて違ったマインドセット を持っている人達とも一緒に色々とやってみたくなった。「とても違う場所に行くことができるのはとても 楽しいことだし、人々は素晴らしい」と彼は言った。彼にとっていつも音楽が中心で、音楽を辿るといつも必ず人に繋がる。それは美しく、継続的で、人から人へ繋がる輪になる旅だった。

 

 

Now having travelled Asia, Augusto found himself wanting to do and make things happen more internationally with the people outside of Western culture who have a very different mindset about touring. “It’s exciting to be in such different places and people are amazing,” he said. He has been always into music, and music always comes down to the people, the music makers. It’s a beautiful continuous and contagious loop trip.

 

 

そもそもの始まりは1997年、彼がまだ少年だった頃で、彼は大好きだったバンド、ラブラドフォードに電子メールを書いていた。彼のポルトガルのホームタウンのポルトにはバンドが来ることがなかったからだった。彼がメールを送ると、バンドは彼の街にやってきて、火曜の夜にライブをやった。

 

 

1997 was like a beginning. He was still a boy and was writing an email to one of his favorite band Labradford because there were no bands coming to his hometown Porto, Portugal. Then the band came and played on a Tuesday night in Matosinhos. The dream never stopped for him since.

 

 

 

オーガストは「流れ」を自分から始めるということを学んだ。彼は何かを実現させるために、ミュージシャン、ライブハウス、スポンサーになり得る人達、大使館、文化的な団体や市町村にコンタクトをとる。始めからやりたいことが実現しなくても、試すことは重要だ。外国をツアーしたりすることを可能にするためには計画を立てる必要がある。例えばヨーロッパツアーをすることが可能だと人々が気づいてさえいない場合もある。今はまだアジアのミュージシャンがヨーロッパツアーをするのはそれほど一般的なことではないし、ほぼゼロに近い状態だと言ってもいい。それは彼がアジアで出会ったミュージシャン達がヨーロッパをツアーするのをサポートすることを楽しみにしている理由の1つでもある。音楽の目的はお金ではないけれど、何かするには結局はいくらかのお金やギャラが必要になる、しかしそれは可能なことで、わくわくすることだ、と彼は言った。

 

 

He learned to start the “flow.” To make things happen, he contacts musicians, venues, potential sponsors, embassies, cultural institutions, cities etc. Even if things don’t go through the first time, trying is always important. He plans things in a way that touring foreign and remote countries can become possible. Sometimes there are dreams that people don’t even realize they can come true. That’s one of the reasons why he is very excited about also helping out the bands he met in Asia to tour Europe. It is not common for the bands from these areas to tour in Europe yet, not with the level of popularity we are talking about, which in this case is close to zero. Even though it’s not about money, there is some money needed in the end, some guarantees, but it is entirely possible and exciting.

 

 

オーガストに今の時代について思うことを聞くと「人々は今たくさんの全体主義的な政権の下に生きている」と彼は話し始めた。「スパイもいる。見回せば右翼的な政党があちこちにいて、彼らは過激な移民政策を掲げている。これは70年代や80年代に起きていたことと変わりはない。過去を見れば、そこにもいつもドラマがあった。悪化しているわけではない。僕らは家にこもるべきではない。僕らは外に出て、様々なことをするべきだし、声をあげるのもいいことだ。だけど落ち着く必要もある。僕らはどんな人間が力を持つ事ができるのかについての、最悪のケースをアメリカで目撃したばかりだ。それを喜んでいる人もいるけれど、危惧している人の方が多い。愛と憎しみ。だけどアメリカ合衆国でさえ、持続可能エネルギーは素晴らしい。環境にもいいし、経済にもいい。だからこそ再生可能エネルギーの産業がまだ潰れずに存在している。電気自動車やソーラーパネルの普及を止めることはできないだろう。物事の良い面に集中するのは重要なことだ。科学的な進歩もあり、宇宙探索や発見も起きている。問題は僕らは今でも悪いニュースに注目するようにプログラムされているということだ。僕らの祖先が生き残る為に森の美しさではなく森に潜む危険を気にしていたようにね。僕らの遺伝的遺産は僕らの行動の根拠になっていて、変化するには長い時間がかかる」と彼は言った。

 

 

I asked him about the time we are living now. “People are living in many totalitarian regimes. Some of them undercover. You can find extreme parties everywhere that have radical policies about immigration. This is not different from what was happening back in 70s or 80s. If you look into the past, there is always drama. But the thing is that it’s not really getting worse. Of course we should not stay home, we should go out and do things, and shout it out loud, but it is also good to try not to freak out. We have just witnessed the worst case of who can be in power in the United States. People love it, more people hate it. Love and hate. But then you find how even in the US sustainable energy is good. Good for the environment, but above all, good for the economy. And that is why nobody will be able to shut it down. There is no way of slowing down electric cars or solar panels. I believe that focusing on good things is important. There are so many advances in science, including space exploration and discoveries. The real problem is that we are still programmed to focus on the bad news. Our ancestors were not focusing on the beauty of the forest, they were focusing in survival, paying attention on the dangers of the forest. And our genetic heritage is a big part of our behaviour, and takes a long time to change,” he said.

 

 

2017年、私は彼らが詩や音楽や各々の人生を携えて日本にやって来るのをとても楽しみにしている。 旅はつづく。

 

 

I am very looking forward to meeting them, their poetry and their lives in Japan in 2017. The trip continues.

 

 

*Alright Gandhi’s updated US tour info*

Wed July 19 LONG BRANCH, NJ The Brighton Bar
Thu July 20 – BROOKLYN – Pete’s Candy Store
Fri July 21 NYC – Rockwood Music Hall (Stage 2)
Sun July 23 ALLENTOWN, PA

(check their facebook page for updates)

オーライ・ガンジー:Alright Gandhi website (http://www.alright-gandhi.com/)
モウカ・レコーズ:Mouca Records (http://www.mouca.net/)

プロデュース :蜂谷翔子

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

  • yuji konno 2017-07-17 20:15:46
    よかった!! 
    自分の撮りたいものを撮ることから始まる
    ワンマンなんでフォーカシングのズレは機材面でカバーすれば解決できる。
    次回作に期待。
Page Top