2016/09/14 地域
【SHIBUYA BOSAI FES 2016】~防災×ペットについて考えよう~

2016年9月4日、東京都渋谷区の代々木公園で、市民参加型防災訓練「SHIBUYA BOSAI FES 2016」が開催されました。フェス形式で行われた防災訓練、数々のブースが防災関係の展示、販売をするため出展しましたが、その中に「防災×ペット」のコーナーがありました。

 

熊本地震の記憶も生々しい現在、ペット同行避難をどう考えるか。熊本での避難の実態はどうだったのか。そして、実際にペットと避難するのはどうしたらよいのか。チャリティ講演会やメインステージイベントを通じてきちんと考え、普段から備えることが必要と思わされます。

 

当日は、殺処分される寸前だったところを救い出され、レスキュー犬(災害救助犬)となった「夢之丞(ゆめのすけ)」、そして同じくレスキュー犬のハルクがデモンストレーションのため参加する予定だったのですが、当時、九州地方に近づいていた台風被害のレスキューに備えて、地元広島で待機することに。夢之丞を育成したピースウィンズ・ジャパンにエピソードを伺いました。

 

今回の動画は主に、益城町のペット避難の世話人を勤めている冨士岡剛さんが語る避難の実態、メインステージで行われたトークショー「楽しく知ろう!ペットの防災」のノーカット再録となります。下記のタイムテーブルを参考に、好きなところだけでもごらんになってみてください。そして、ペットと共に避難するということはどういうことか、考えてみてください。

 

環境省からは、ペット同行避難の指針が出ています。それによると、「災害が起こった時に飼い主はペットと同行避難することが基本であるため、平常時からそれに備えるべき対策についての意識をもち、ペットの安全と健康を守るとともに、他の避難者への迷惑にならないように努めなければならない。」と、あります。しかしこの指針はまだまだ地方行政には十分浸透しているとは言えない状況です。まず一人一人が行動すること。そして現状を変えていくこと。動物を家族同然に暮らす人が努めなければならないこと。この動画が考えるきっかけになればと思います。

 

災害時におけるペットの救護対策ガイドライン(環境省)
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506.html

 

動画タイムテーブル
00:21 チャリティ講演会「熊本地震と同行避難」冨士岡剛さん
24:24 ピースウィンズ・ジャパン角免昌俊さんインタビュー
26:22 メインステージ「楽しく知ろう!ペットの防災」
    Do One Good 高橋一聡さん
    &PETS 小山奈々子さん
    ピースウィンズ・ジャパン 山本理夏さん
    HUG THE BROKENHEARTS 冨士岡剛さん
    &PETS 渡部敦子さん

プロデュース :西村晴子

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top