2016/07/10 政治
【参院選2016】三宅洋平、選挙フェス@渋谷ハチ公前 2万人が参加

「ポデモス、ポデモス、俺達はできる・・・さあ新しい国会を作ろう。まずは自民党の改憲草案をボツにした後に・・・ぜひ投票に行って国会と国家予算にログインして下さい」

渋谷ハチ公前を埋め尽くし、スクランブル交差点の対岸まで溢れた聴衆は熱狂した。三宅洋平の選挙フェスである。

話の内容は高邁なのだが、決して理屈っぽくない。ごく短いフレーズで聞く者の胸に突き刺さってくる。そして立ち上がりたくなる。勇気を与えてくれるのだ。

米大統領予備選でクリントン前国務長官を追い詰めたバーニー・サンダース候補の演説も、こんな感じだったのではないだろうか。

大手紙による意図的な泡沫候補扱いなど、聴衆は全く意に介していない風だった。

彼らにとって三宅洋平は代弁者として国会に送り込む人物なのだ。

DDR方式と呼ばれるマスコミの世論調査は固定電話にかける。三宅が訴えかけているのは、ふだん選挙に行かない層だ。固定電話を持ち毎度毎度選挙に出かける層ではない。

意図的な匂いもするが、大手紙は三宅を泡沫扱いにする。

泡沫候補が公示日に東京都下の全区市町村、島しょ部にポスターを貼れるだろうか。三宅の場合、ボランティアたちがポスターを一日で貼ってしまったのである。マスコミにはバカも休み休みにしろと言いたい。

三宅陣営は労働組合に頼る民進党より自前の組織力を持っているのだ。

きょうは水野誠一・元参院議員がステージに上がり、マイクを握った ―

「居ても立ってもいられなくて来た。近くの公園に集まっていた人たちに『三宅洋平に入れて下さい。そうでなければ日本の将来はなくなる』と話しかけてきた」。

3年前、山本太郎の選挙もハチ公前の聴衆を熱狂させた。当時と似た雰囲気だが、山本は「勢いはこっち(三宅)の方がある」と舌を巻く。

その一方で「聴衆が(熱狂を)どう広げてくれるかが大事」と気を引き締めた。

上滑りすることなく山本が獲得した67万票に近い票を獲得するのか。あと2日の選挙戦にすべてがかかっている。

 

引用:田中龍作ジャーナル

 

France10では、2017年春に行われるフランス大統領選挙・取材を支援するためのクラウドファンディングを始動させました。1000円の商品からスタートし、14種類の充実した商品をご用意しております。ぜひとも、ご支援くださるよう御願い申し上げます。

クラウドファンディング始動! (4)

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top