福島県相馬市の子どもオーケストラが「あまちゃん」ゲリラライブ!

相馬子どもオーケストラ&コーラスのデビュー、クリスマスコンサートの休憩時間中に、オーケストラがロビーでゲリラ的ライブを行いました!曲目は「あまちゃん」テーマ曲です。この曲を作曲された大友良英氏は、応援プロジェクト「プロジェクトFUKUSHIMA!」を立ち上げるなど福島ともゆかりが深く、そんな大友良英氏の音楽を福島の子ども達が演奏することの意味、ただ楽しいだけでなく、将来への希望、現実に負けない強さを感じさせます。そんなことは抜きにしても、とても楽しい演奏です!ぜひお楽しみください。

「奏でよ、いざ闘わん」エル・システマジャパンのモットーです。奏でることで過酷な現実と闘い、向き合い、乗り越える。ベネズエラ発祥の音楽教育ですが、その理念は被災にあえぐ子ども達に希望を与えるのにふさわしいと、日本版エル・システマが2012年3月に設立されました。

そして2013年12月現在は、激しい揺れと津波に襲われた福島県相馬市の子ども達に、弦楽器および声楽の教育を行なっています。音楽を通じてどんどん才能を伸ばしていく子ども達の様子を見守るのが楽しいとおっしゃる、代表理事・菊川穣氏。音楽を通じた復興を。子ども達の頑張りを、ごらんください。

プロデュース :西村晴子

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

  • 2014-01-14 18:13:10
    888888 被災地の頑張り~♪こちらは、淀川工科高校の吹奏楽が頑張りますぅ!
  • 西村晴子 2014-01-14 20:16:56
    空さん>コメントありがとうございます。淀川工科高校といえば、優秀な吹奏楽で有名ですね。今YouTubeを見てみたら吹奏楽のあまちゃんもたくさんありました。私もかつて吹奏楽でトロンボーンを担当していたので懐かしく当時の思い出を思い出しました。
Page Top