2015/09/10 国際
【仏国】オランド大統領 シリア難民3万人の受け入れを表明 ISへの空爆も示唆

フランス共和国のフランソワ=オランド大統領は2015年9月7日、定例記者会見において、新たに2万4000人を超えるシリア難民を同国が受け入れると発表した。同国は5月下旬までに既に6752人のシリア難民を受け入れている。演説でオランド大統領は「人道的措置に依る」と強調した。現在、EU委員長がEU全土でシリア難民を12万人、受け入れるべきだと主張している。
同会見でオランド大統領は「イスラム国」(IS)が拠点とするシリアの関連施設を空爆するため、現地での偵察飛行を開始する方針も明らかにした。大統領は難民急増に対する危機感を訴えた上で「シリアの中心に介入しなければならない」と空爆に理解を求めた。

 

情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top