2015/07/17 政治
強行採決は言語道断の暴挙だ-松野頼久「維新の党」代表

松野頼久「維新の党」代表は衆院本会議における安保法制関連法案の強行採決を受けて2015年7月16日、衆院議院内で記者会を開いた。

 

衆院本会議で「(強行採決は)言語道断の暴挙だ」と指摘した松野代表は

 

「昨日、委員会を打ち切って、単独で強行採決したということには、(衆院本会議)壇上で抗議をした。何でこんな風に急ぐのか、全く分からない」

 

と述べた。

 

情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top