2015/07/03 政治
【シリーズ/安全保障法制】集団的自衛権には憲法改正が必要 村上誠一郎「自民党」元行革相が日本外国特派員協会にて記者会見

安倍政権に対して「ミスター自民党」の立場から孤軍奮闘する村上誠一郎・元行革相が2015年6月30日、日本外国特派員協会にて記者会見を行った。

 

村上誠一郎・衆院議員は

 

「毎日のように国会において安保法制が国会で議論されているが、議論されればされるほど、問題点や矛盾が出てきている。月刊『世界』の論文にも書いたが、安保法制の関連法案を実現するためには憲法を改正するしかない。ご承知の通り、集団的自衛権というのは、自分の国が攻められていないのに、同盟国が攻められたときは戦争が出来るということだ。これを実現するには憲法を改正する以外に道はない」

 

と述べ、現在、国会で議論されている安保法制を厳しく批判した。

 

情報にはコストがかかります。France10はタブーなき自由な報道のために皆様からの御寄付によって支えられています。

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top