2015/06/30 政治
【シリーズ/安全保障法制】国連PKO元幹部と共に「安保法制を考える」 横浜デモクラシー道場×伊勢崎賢治《個人と戦争の時代》 開催

6月27日土曜日。

横浜市で市民らが主催したディベートイベント「横浜デモクラシー道場」が開かれ、国連平和維持活動(PKO)幹部として、東ティモールやシエラレオネで武装解除を指揮した東京外国語大大学院の伊勢崎賢治教授がゲスト講師として登壇した。

学生から神奈川県議会議員まで81名が参加した。

伊勢崎氏はまず、1994年のルワンダの虐殺以来PKO活動のあり方が変わったことなどを例に、集団安全保障や集団的自衛権など安保法制を考える上での基本知識や最新の国際情勢について解説。

軍法を持たない自衛隊を戦地に送り出す危うさや「戦わなければならない現場に『後方支援』や『非戦闘地域』などない」と、安倍政権の説明に対する問題点などを指摘した。

その後質疑応答を交えながら「侵略の定義とは何か?」「経済問題が引き金ではないのか?」など様々な立場の市民が参加しディスカッションを行った。参加した学生の一人は「国際法など知らない事が多いことを認識した。まずは知るところから始めたい」と伊勢崎氏のレクチャーを振り返った。

プロデュース :horijun

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top