2015/05/06 国際
【ネパール大地震】カトマンズのいま 復旧支援にオスプレイも

8bitNewsのジャーナリスト、蜂谷翔子が5月3日、ネパールの首都カトマンズに入った。ピースボートの災害ボランティアチームに同行している。

11209385_723372850106_1568758232613448718_n映像によると、震災によって被害を受けた地域と被害を受けなかった地域では明暗が分かれている。国連の支援チーム拠点「UN House」でのでは被災地域の現状把握とチームの振り分けなどのミーティングが行われていた。
カトマンズ中心部ではオスプレイが復旧・復興作業に従事している様子も見られた。

11150990_723372795216_1697210983876944498_nシャプラニールが配布したフードの1セット。1世帯5人と考えて5日分の食料。これを5月1日と2日でキルティプール市で500世帯に配布した。

カトマンズの空港には各国からの支援物資が次々と到着する様子が確認できた。

 

 

 

プロデュース :horijun

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

  • おがちい @littlebonin 2015-05-06 17:00:31
    オスプレイは活躍できないようです...「ネパールの震災支援に派遣されたオスプレイ、家屋の屋根をぶっ飛ばすなど・・・効果的な方法で救助や救援支援を実施できず引き返す。」 https://twitter.com/akaill/status/595626447651393536
Page Top