2015/04/19 IT
申し込み100人超 毎日新聞×Google×8bitNews共催「毎日女性会議」第3タームスタート

title
毎日新聞社と「8bit News」が共催する連続講座「毎日女性会議(第3期)」(2015年4〜9月)が、昨日19日から始まった。メーン講師は、元TBSキャスターの下村健一さん、8bitNews代表でジャーナリストの堀潤。ゲスト講師に、福島の日常の様子を伝えたいと制作され90万回以上の再生回数となり話題となったYouTube動画をプロデュースした、熊坂仁美さんを招いて、個人が発信する時代の意義や心構え、具体的事例などについてパネルディスカッションした。初日の申し込みは100人を超え、当日会場には10代から50代以上までの70人以上の女性たちが参加した。

熊坂さんは、福島県は原発事故による被害の側面から描かれることがあまりにも多く、日常の暮らしがそこにあることを多くの人にも知ってもらいたいと動画の制作を決め、協力者の募りながら完成にこぎつけた。熊坂さんにとってこうした本格的な作品制作は初めてのことだったという。

https://youtu.be/B-pk8z8rX2U

「最初に反応があったのは、国内ではなく、海外。しかもロシアの放送局でした」と語り、ネットを使った発信で世界に通じたという実体験を紹介しながら「個人が誰でも発信できる時代に。やればやるほどのめり込む。ぜひチャレンジしてほしい」と語る。

下村健一さんは、「飛行機が落ちたことはニュースになるが、その他の飛行機が安全に運行されていることはトップニュースになることはない。でも、個人が発信することで、そうした日常を伝えることもできる。多様な情報発信が低いコストでできるようになった」と可能性を語る。

一方で、熊坂さんは「発信するということはさまざまな反応が返ってくることも覚悟が必要だ。しかし、それをおそれずにチャレンジしてみてほしい」という。

毎月ごと全6回のプログラムで、女性たちが日常で抱える課題や疑問、多くの人に届けたい情報などを各々が動画を使って発信する技術を磨く。

毎日女性会議講座の最終目標は、動画の製作や政策提案などを通じて、女性の参加者自身が考えていることを社会に伝えていくこと。1人1作品、1つの提案などを完成させることを目標に進めていく。

参加は随時受け付けている。
http://mainichi.jp/feature/women/

プロデュース :8bit news

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top