2015/02/21 政治
【与那国島住民投票】ルポルタージュ②主要な意見とそれ以外の意見。どぅなんとぅ、移住者、元自衛官、援農隊など

*自衛隊を与那国島に配備することに賛成派の主な主張

 

 

約150名の自衛隊員が島に来ることで過疎化にストップがかかる。島を防衛できる。災害時に助けになる。隊員が家族を連れてくることにも期待。人口が増えることで、税収が上がり、消費が増え、経済が発展する。

 

 

*自衛隊を与那国島に配備することに反対派の主な主張

 

 

島は自衛隊誘致以外の方法で経済的に自立するべき。「与那国自立ビジョン」もある。久部良の集落から約200メートルの位置に建設予定のレーダー基地の発する電磁波による健康被害を懸念。またレーダー基地があることで、島が攻撃のターゲットになる可能性を懸念。

 

 

*島の人たちの言葉

 

 

①サトウキビの収穫が終わった日、3年前に奥さんを亡くし、他の人を無理に愛することはないよ、というおじさん。

 

 

全くわかんないんだ。もう、大変なの。取材は意外とみんなこんからさ。けど言ったってさ、こっちが見れるもんでもないしさ。ケータイ使い切れない。聞くしかできない。メールも打ち切れない。ただ電話して聞けばいいだけのケータイだからさ自分らは。外のこと何もやる必要ないさ自分らは。この島で生きているんだからこの島のことだけ把握してればいいの。あとはニュースとかテレビで見てるからそれでいいさ。朝から晩までおんなじことしかやらない。どこの局をひねってもおんなじことだけやってる。それ以上は見たくもない。いろんなものこの島に入れて来たらおかしくなるもん。入ってくるから反対してるんでしょ。何も無かったこの島になんで今更持ってくるのかなと思うさ。おかしいでしょ。沖縄復帰した頃からそうだけど、なんでこんな果てのちっさな島にまでもってきて。3日前に宮古の方も来てたけど、自衛隊来たらちょっと潤うんだろうなと思ってたんだけども、何もかわらんて。変わる分けないさ。自衛隊は自分たちの仕事をしにきてるんだから。何も島と関係ないわけあいつらは。その宮古の人が言ったのは、宮古にそういう基地があるんだけど、何も無い石垣島の方が栄えてるでしょってすごい言ってた。台湾の方がどう思うかさ今度は。台湾と友好親善やってるのにさ。何か言ってくるはずよ。自分たちを敵とみなしてるのかって。レーダーは戦争の最前線だから。それを壊すためにミサイルでもやるさ。俺だってやるさきっと。そういうものはこの島に必要ないってこと。

 

 

自衛隊が来ると潤うっていう発想は誰が出したんですか?

 

 

それがわっかんないんだよ。

 

 

②ソバカスとシミが美しく、白髪を茶色く染めたオートバイ移動をするおばあちゃん。

 

 

住民投票うるさいねあれ。私も反対だったけどよ、今は関わらないようにしてる。小さい頃、自由民主党恐かったよ。革新と自由民主党あるさね。いじめられた。こんなこと書いたら大変よ、と言っておばあちゃんは笑った。自由民主党はお金持ちだと思わない?うちはずっと貧乏だったよ。おばあちゃんは大きな冷蔵庫からカジキの肉を出して、切って刺身にして、プラスチックのパックに入れて、緑色の紙に包んでくれた。おばあちゃんは昔親戚の結婚式で東京に行ったとき、雪が降った。みんな傘を雪の中に捨てていくのね。あれ嫌だった〜、と表情を歪めて嫌そうな顔をした。与那国でも冬は野菜がけっこう取れるよ。トマトなんか甘くて美味しいんだよ。夏は熱すぎるな。与那国は中学校までで、高校でみんな島から出て行くさ。仕送りが大変。高校と大学と仕送りがかぶったら大変よ。せっかく大学に行ったら、わざわざ与那国に戻ってこないさ。仕事がないんだから。みんな戻ってこないよ。

 

 

③港のおじさん

 

 

漁協で「住民投票についてどう思うか聞きたいんですけど」と言うと、おじさんは笑ってどこかへ引っ込んでしまった。夕方に1隻ずつ漁船が港に戻って来て、カジキをおろす。先のトンガリが切られている。100キロを越えれば上等。大人が数名、近くで遊んでいた子供達も楽しげにカジキを見つめている。クレーンで吊るしあげて、氷のいっぱい入った大きな箱の中にカジキを入れる。「買わないかい?14万円だよ。」朝8時に競りがある。19日は旧正月なので漁協が休み。1人の男が片手でキラキラ光るまんまるとした鰹を持ち、テーブルに載せて、嬉しそうにサクッと包丁を入れた。

 

 

④北海道から援農隊として冬期にサトウキビの製糖工場で働いている表情の柔らかい男性。

 

 

北海道には特別枠があって、北海道の人が集まって、説明会があって、是非与那国へっていうのが、北海道で毎年行われている。なんか昔から縁があったらしくて。この間の日曜日に援農隊の40周年式典があったんです。ただ今回で終わるんですよこれが。来年からはインターネット募集。インターネットとか口コミみたいな感じ。北海道から来る人が段々減っているみたい。何回も来てると知り合いが段々増えるから、その人に会いにくる。人ですよね。20年前くらい前も来てるんだけど、ほとんど変わらない。雰囲気も変わらないし、集まってくる人も変わらない。普段寒いところに住んでいるから、気候もいいし、住みやすいっちゅうのもあるし。なんとも表現しずらいんだけど、来ちゃうんだよね。島の人とも付き合いありますね。

 

 

自衛隊ね、個人的にはいいとは思うんだけども、こればかりは住んでる人じゃないから、勝手なこと言えないなぁと。それほど反対することもないような気もするんだけど。南牧場もきれいに整備されて。北海道の自衛隊の駐屯地は、ずっと昔からあるから特に気にならない、溶け込んでいる。意外とね、与那国は都会と違って、あるもので、自分たちでつくって生活するとか、あるもので生活するっていうのが当たり前になってるから、そんなに物質的に困っている感じないですね。むしろ、物質的にはほんと潤っているというか。むしろね。魚取るとか、牛食べるとか育てるとか、むしろね、普通のことを普通にやっているというか。お金が無くても気持ちよく過ごせるというのもあるしね。

 

 

⑤ダイビングしにきて気に入ってそのまま与那国に住み着き働いている女性。

 

 

10年ちょっと島に住んでいる。ダイビングは海底遺跡とかハンマーヘッドとかいろいろ。今になってみれば、どこにいても一緒のような気もするけど、映画館がないとか、本屋さんがないとかさ、そういうのはちょっと思うけど。けどAmazonとかに注文しとけば2週間もあれば届くから、そんなに大したことではない。今はねちょっと時間かかっても大体手に入る。送料とかがちょっとかかるものもあるけど、色々探せば安いのもあるし、そんなに気にならない。1年に1回大阪に帰って、大阪なんでもあるし何でも安いし、けど10日くらいするともうしんどいのよね。早く与那国帰りたいって思う。やっぱり与那国がいいよねって思えるっていう。それがいいなあって思う。人混みとか電車が疲れる。遊びに帰るだけだから、特に向こうで仕事をしてるわけでもないんだけどね。

 

 

住民投票は怖くもあり楽しみでもある。どっちが勝っても「ほらね!ほらね!」ってなると思う。町長選で自衛隊賛成してる人が勝ってたからそれが民意だって言ってるけど、選挙とこれではちょっと違うところがあるから。ダントツで勝つとかじゃないと「ほらね!」と言われへんやん。それはすごく思う。南牧場とか見たら悲しくなるよ。あんなにきれいなとこだったのに。個人的には反対。この島に迷彩服の人とか迷彩の車にウロウロしてほしくない。予定では150人くることになってるけど、150人いたら例えばその人達が推してる議員とかが通っちゃうのよね。自衛隊の人なんか上から言われたことが絶対で反対する人はいないだろうし。そうなるともう与那国島っていうのは無くなると思う。勝てばいいってわけじゃないやんって思う。島の人だけで今までできていたわけではないけど、今島にいる人は島が好きな人達だから。ナイチャーとかもいるけどさ、与那国はけっこう呼んでくれるからさ。

 

 

放牧だから道ばたにもいっぱい牛や馬はいるよ。人への影響も怖いけど、与那国なんか渡り鳥とかも来るしさ、魚も牛も馬もなんでもいるのに大丈夫かなと思う。生態系とか狂わへんかなって。自衛隊1度来てしまったらもう帰れって言えなくなるからさ、そのへんがどうなのって気がする。日米地位協定っていうのがあるから、自衛隊がいるところには米軍も来るんだろうし、そのへんとかもどうなんかな。説明会とかもないし。やっぱりこの風景には迷彩服はいらない。

 

 

⑥麦わら帽子にタオルを首に巻いた島のおじさん

 

 

どうせもう工事始まってるから、こんなのもう元に戻せってのは大変なことなんですよ。駄目だよ。後はもう、島の上をヘリコプターとか飛ばさないようにして。

 

 

戦闘機とか?

 

 

戦闘機が来る滑走路はないから。1000メートルとかないだろ滑走路。ヘリコプターは島の上を飛ばないで海っぱたから基地の方に入ってもらえるように。レーダー基地ができる久部良の部落なんかはもう大変さ。祖内の方はそんなかもしれないけど。基地賛成の人もおるかもしれんけど、できてしまって、できはらなかったほうが良かったていう人がたくさん出てくるかもしれない。個人的に。いてもいいんじゃないの?自衛隊。今原子炉の問題やってるさ。台湾にも原発ありますよね。4基くらいあるはず。近いから、危ないであるさ。その為には自衛隊あったほうがいいかもしれないわけさ。

 

 

ずっと与那国で暮らしているんですか?

 

 

そう。ずっと住んでるよ。何かあっても嫁さんはナイチュの方だから、何か危なかったら嫁さんの実家にも行けるし。地元の人同士で結婚してて行くところ無かったら大変であるさね。何かあったときには、すぐ避難はできるわけさ。

 

 

島の暮らしは好きですか?

 

 

好きだから、何十年も住んでるさね。別に他の島に行きたいとも思わんし。活性化は、入ってこないとわからんさ。自衛隊の人達が自分たちの食料自分たちで持って来てしまったらなんも意味がないさ。地元のスーパーとかで買ってもらったらいいけど。自分たちの基地で使うものは自分たちのヘリで運ぶとかさ。地元の店にはなんも関与しないさね。こっちの工事やる人だってさ地元から物を買わないもん。みんな買って来てるから。だから新聞にも載っとっただろう。工事自体の金額も小さいわけさ。田舎に来て那覇と同じような値段でやってしまったらもたないわけさね。輸送費とかもあるから。入札だしてもあんま誰も取らないさ。値段が安いから。離島に行ったら船賃もあるし。

 

 

⑦島が好きで与那国島に戻って来た元自衛官

 

 

これが島の為になるかどうかってことなんですよ。自分は4年間自衛隊にいて、自衛隊を批判はしないけど、この島に必要かっていったら必要ないですよ。時々島に帰って来て、島が自衛隊誘致問題で二分していると悲しい。

 

 

与那国、アカマチが釣れるポイントがあって、禁漁区があるんですよ。日本の領海だけど、そこで台湾船とかが違法に釣り上げるときがあるから見回り授業があって、国からの予算ねこれ。いくらかお金もらえるわけ。燃料とかタダでもらえるわけ。見回りするだけで。自衛隊の問題出てきてからこういう事業が入ってみんな喜んで行ってるけど。これは反対派の漁師も行くし。お金もらえることはみんな行くじゃないですか。でもね、不審船そんなに見てないから行っても。なんの逮捕権もない漁師に行かせるんだよ。みんなお金もらえるから大丈夫っていう感覚で行ってるけど。なんで保安庁やらないんだよ。ちょっと遠いからさ。1、2時間くらいかかるから。島の周りどこに行ってもいいんだよ。遠くに離れて、GPSで見て、緯度経度測って、不審船はいないですね、自分はここにいましたよって証拠写真撮って、帰って来て、お金もらう。5万円くらい。前までは船長とあと1人乗らないといけなかった。最近は船長1人でもよくなった。

 

 

保安庁じゃなくて、漁師さんにアウトソースしてるんですね。

 

 

僕は1回も見たことない。自衛隊入るよりも保安庁入った方がいいんじゃないって話。何かしら全部矛盾してるんだよな。与那国は前回の市長村の大合併の時も中学生が住民投票してるんですよ。けどその時は中学生が投票することに誰も文句を言わなかった。自衛隊は結局軍隊に対して対抗するもので、ああいう違法操業してる船を取り締まることは無いから自衛隊は。違法船とか密漁船を取り締まるのは保安庁の仕事。それが軍艦とかだったら自衛隊が対応するけど。中国の監視船とかは保安庁がカバーする。漁船問題のことなら保安庁を重視しろよと思う。いろいろ調べて本とかネットで見てるけど、いろいろおかしいんだよな。余計右傾化するんじゃないかと思う。自衛隊でさ、軍隊に変わったら辞めると思うよみんな。自衛隊だから入ってるから。戦争しないっていう約束で入ってるから。戦争を防ぐために自衛隊は働いてるだけだから。戦争するために働いてるわけじゃない。見方によっては一緒だろっていうかもしれないけど、僕はその誇りがあったから。自衛隊は自衛隊、軍隊は軍隊。

 

 

今の政府は自衛隊のできることを変えたいみたいですけど。

 

 

おもしろいように事件事故が起こって行くじゃないですか。それで法律改正改正改正、どこで歯止めかけるのかって。沖縄の部隊が上陸の訓練してて、何年か後には他の国に上陸してるかもしれないんだよ。

 

 

上陸訓練してるんですか?

 

 

離島多いから。日本は。1回取られた土地を奪い返す訓練。上陸する。そういう上陸専門の部隊よりは、僕が尊敬してる幹部の自衛官の人は、専門の部隊もある程度は必要かもしれないけど、1番必要なのは海上自衛隊の、海上で阻止する部隊が必要なんじゃないかっていう。ようは海兵隊みたいな能力を持ちすぎると余計他の国は警戒するじゃないですか。水際で止める。上陸されたら終わりだから。上陸される前に止めるものをつくればいい話。戦争のときは日本本土を守りたいから沖縄を決戦の場所にしたわけだから。負けたからなんとでも言えるんですよ。今の自衛隊だって日本人がつくったっていったらそうじゃないし。自衛隊いなくなれっていってもなくなるわけじゃないし。それで飯食ってる人もいるし。

 

 

世界は始まってしまいましたからしょうがない部分もありますが、未来のことはまだなんとかなりますもんね。

 

 

目先のことばっか考えてる人がいっぱいいるから。もっと先のこと考えればいいけど。目先、自分が死ぬまでのことしか考えてない。その後はどうでもいいって考えじゃないですか?

 

 

与那国島には神様がいるって聞いたんですけど。

 

 

そうそう、信仰心もみんなあるから。いろんな行事がいっぱいあるから、部落で。各集落、公民館とかでもやってるけど。この山にだって神様いるんだよ。今自衛隊の工事やってるとこも。だんだんこの島の人も昔やってた行事やらなくなってきて、大々的なものしかやらなくなってきてるから。だから僕は僕なりに色々調べて、やってはいるけど。こっちはアマミンカっていう地区があって、雨乞いの水の神様がいる。土地の神様や、月の神様、火の神様、太陽の神様。沖に行ったら沖の神様がいる。

プロデュース :蜂谷翔子

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top