2014/12/11 政治
【総選挙2014】集団的自衛権で日本は米国の戦争や武力衝突に巻き込まれる-吉田忠智「社民党」党首&石川大我・候補が演説

社民党の吉田忠智・党首と衆院選比例区東京ブロックに出馬している同性愛者の石川大我・前豊島区議会議員、佐藤あずさ八王子市議会予定候補が2014年12月9日、都内・JR八王子駅前にて街頭演説を行い、支持を訴えた。

 

吉田党首は

 

「今回の総選挙は残念ながら、安倍晋三さんの思い通りになっている。野党の選挙協力が整う前に、衆議院選挙を超短期決戦でやってしまおうとやった。だから、自民党が300議席を超えるというマスコミの報道がある。もし自民党に300議席もやったら、いまの安倍政権の政策を全て認めたことになる。」「今回の選挙で大事な争点はいくつもある。集団的自衛権の行使の問題。これは七月一日に行使容認の閣議決定がされた。集団的自衛権とは日本が攻撃されていないのに他国の戦争に協力・参加をすることです。今までは、イラクに自衛隊を派遣したが給水活動や病院・学校の復旧など復興支援しか出来なかった。でも集団的自衛権を認めれば、アメリカの軍事的な後方支援をするようになる。そうすると、武力行使や戦争に巻き込まれる可能性が高くなってきます。」

 

と述べ、日本が堅持してきた平和政策の転換がなされることに深い懸念を示した。

●インデックス

佐藤あずさ (0:00-)
石川大我「社民党」東京比例候補(3:48-)
吉田忠智「社民党」党首(16:20-)

 

France10は広告収入に依らないタブーなき報道のために皆様からの御寄付を御願いしております。

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top