2014/07/31 政治
「セクハラ問題から考える女性議員の立場の弱さ、そして理想の社会は!?」【No.8-3本目さよ(台東区区議,民主党)】

hhonmesan

本目さよ【台東区議民主党】(http://www.sayohomme.com/


本目さよさんとの対談をして考えたこと

最近のブームなのか、稚拙な地方議員が続出している。セクハラ野次議員に始まり、泣き叫び議員穴あきコンドーム大好き議員、そしてそれが明るみになったきっかけでもあるブログを議員が行うことを規制しようとした肥溜めのような糞議会。その他にも、20人中15人が逮捕された・・・・・なんていうのもあったか。

これらのことは、たまたま同時多発的に起こったことなのだろうか。まだまだ、目にみえぬことがあることは自明なことだ。

しかしながら、この議員、そしてそれらが運営する議会という悪しき世界を産んでしまったのは、ぼくたちのこの手だ。その手を動かす脳は、いったいどのような判断でそうしてしまったのかいま一度考えなくてはならないだろう。

その考える材料(そうしてしまったこと)として、現在の選挙で頼りになるのが、恐らくポスターだ。そこで描かれているニコニコとした偽善的な笑顔やそれを際立たせるキャッチコピーや色使いといったファンタジーにより大方の人は投票する人を決めているはずだ。その他には、昔ながらの付き合いなどだろう。

ぼくの考えとしては、地方レベルの議員であれば、半分は投票で決めてもう半分はそこに住んでいる人から裁判員制度のように無作為に選べばいいと思っている。理由としては、昨今の投票率の低さからも自明なように、無理矢理でもそうしないと、一般の人が政治に興味を抱かないからであると同時に、地方レベルの議員は、例外を除いてどんな人でもなれるからである。それは、あの号泣議員やコンドーム穴あき大好き議員が出来ていたのだからほとんどの人がとりあえずは、大丈夫だろう。

だが、99%そのような仕組みになるはずはない。既得権益という病魔に取りつかれ、権力という甘い蜜を守りたい烏合の衆が無数に蔓延っているからである。だから、その烏合の衆たちをいかに味方につけるかがいいのではないだろうか。

と、前置きは長くなったが、このように実感したのは、本目さんとの対談の中で、女性議員の少なさの話題が上がったことからである。その少なさにより、女性故の悩みは、しばし理解されないことがあるようだ。諸外国ではクォータ制を導入し、男女の比率がほぼ同じになるよう調整しているところもある。

スウェーデンは,1991年の選挙で,女性議員の割合が減少したことから,政党が選挙名簿におけるクォータ制を導入し,その後の選挙において女性議員が大幅に増加することとなった。スウェーデンにおいては,女性自身の政治への参画意識が高く,女性の政治参画を促す社会的な環境が整備されていたことから,クォータ制が大きな効果を発揮したといえる。

ドイツでは,主要政党がクォータ制を導入し始めた1980年代後半以降,着実に女性議員が増加した。それまでも,各政党において党内の女性の地位向上に関して取組が進められていたが,はかばかしく進展しなかったことから,事前に詳細な検討が行われた後,クォータ制が最終的な手段として導入されており,女性の政治参画への気運は高まっていたといえる。

二大政党制のイギリスでは,女性政策が選挙の争点の一つとなっており,1990年代に入って,労働党が様々な方法でクォータ制を導入したことから,1992年から1997年にかけて,女性議員数が60人から120人へと倍増した。

韓国は,日本と同様に女性議員の割合が低い状況にある。2000年の第16代選挙の前に政党法を改正し,比例代表選挙名簿の30%を女性とする割当制を導入したことから,16代選挙では女性議員が9人(3.0%)から16人(5.9%)へ増加したが,依然として低い数値にとどまっている。また,1987年の民主化宣言以降,各政党は女性の地位向上のための施策を打ち出し,1992年の第14代大統領選挙以降,女性の政治参画の拡大の支援が公約とされるなど女性の政治参画への意識の高まりがみられる。また,1995年に制定された女性発展基本法においても,女性の政治への参画の拡大に対する政府の支援を明記しており,このような変革の波が政党法の改正につながっている

内閣府男女共同参画局より

明らかに女性議員の少ない日本は、直ちに、このクォータ制を導入すべきだと思うが、先ほど言った、既得権益に群がり権力という蜜を守りたい烏合の衆は、そうはさせないだろう。そのため、その烏合の衆をいかに味方につけるかが重要なのだ(クォータ制は地方議会レベルの話ではないが、これを地方の問題などに置き換えればいいだろう)。と、同時にそれはとても悲しいことである。このような回りくどい方法をしなければ変わらないのだろうか。

1つだけあるとしたら、しっかりとした判断で投票することしかない。その極めて抽象的なしっかりとした判断という言葉だが、これは、投票したからお前に任せるという考えではなく、投票した人と一緒に社会を変えていくというような考えでなくてはいけないだろう。

一緒に変えていく、それは、地方がよりよくなるよう変える、悪くならないよう守る、その主役は、ぼくたちであり、ぼくたちの住むこの社会だからだ。

そのための代行があくまで議員の存在なのではないか。故に、一緒に考えそして、利他的に動いてくれる議員を選ばなくてはならない。

だが、その判断材料になる資料が極めて少ないのが地方の問題だろう。それ故に偽善性に満ち溢れたポスターで判断してしまう。そうならないためにも、ぼくのこの対談動画が少しでも役立てばと。

というように、この活動に正当性を持たせてみたが、ぼく自身は政治というものにそんなに興味はない。ちゃぶ台返しをして考察は終わり。

以下、今回の動画の書きお越し文章です。

セクハラ問題から考える女性議員の立場の弱さ

みずしま「やはり女性議員の立場って弱いですかね。いまだとセクハラ発言とかもあったじゃないですか。まぁ、軽い挨拶的なノリで言ってしまうんですかね?」

本目さよ「ちょっと、昔ながらの感覚で、『本目ちゃん、いつも可愛いね』みたいに、日常的な挨拶で、言ってしまうのかなぁと。いまの、一般社会や企業だとセクハラだと思われてしまうことが多々ありますね」

みずしま「本目さんのブログにも書かれていたんですが、企業だと相談する場所がある、しかし、議員だとそういった場所がないと」

本目さよ「実際、私が、それを受けたらどこに相談しようと悩むかと思います。もちろん友人には相談しますが、それ以外に公式的な場所というのが思いつかないですね」

みずしま「なるほど。そういったことを上手く解決していかないと女性で議員になりたいという人は増えないですよね」

本目さよ「そうですね。逆に女性議員が増えたら、そういったことも減ると思います」

みずしま「少ないが故にというのはありますよね」

本目さよ「多くなれば、『それってセクハラですよ』っていう声も増え、気づいてくれると思います」

みずしま「そういった、セクハラ的なことを言ってしまう人たちにも、子育て問題なりを分かってもらいたいですもんね」

本目さよ「そういう方たちも、悪気はないと思います。昔ながらの考え、親しみを込めた表現だと思うんです。しかし、いまの時代ではセクハラになってしまうということをきちんと認識してもらいたいです」

みずしま「そうですよね」

様々な問題

みずしま「それから、子育て問題以外に、力を入れて取り組んでいることはありますか?」

本目さよ「いまは、保健福祉委員会に所属しているので、国民健康保険、医療費の問題、高齢者障碍者福祉、そういったこともまんべんなく勉強しています。障害をお持ちのかたの親御さん達の会合にも参加し、生の声を聴くことですごく勉強になります」

みずしま「じゃあ、いままで知らなかった問題が出てきて、より変えなくてはいけないという思いが強くなっているかんじですか?」

本目さよ「そうですね。それを行政がどのように、どういう風にするのかということを考えていかなきゃいけないですね」

みずしま「やはり、問題は山積みなんですね。そう考えると、区議になられて驚いたことは、知らなかった問題がたくさんあったということもありますか?」

本目さよ「知らなかった問題とともに、それを解決すればいいってことだけでもないという驚きがありました。保育園の問題もそうですけど、認可保育所を必要なだけ作ればいいっていう声もあるんですが・・・・」

みずしま「それだけじゃだめなんですか?」

本目さよ「それだと、お金がいくらあっても足りないですよね。お金は税金ですから、税収も減っていますし、そうすると限られたお金の中でどのように予算配分するかを、きちんと考えなければいけないです」

みずしま「どこにどのように使うかということですね」

本目さよ「はい。認可保育園を作ってしまうと、恐らく20年後には少子化が進んでいるので、いらなくなってしまう所もあるはずなんです。なので、それって本当にするべきことなのかということをきちんと考えなければいけないんですよ」

みずしま「単純じゃないんですね。ないから建てろということではダメなんですね」

本目さよ「私も、もちろん建てろと言いたいのですが、でも区の財政のことや、全部総合的に考えたら、ここで認可保育所ではなく、ミニ保育所のようなものがいいのではと提案する。そうすることで、それをいっぱい作っても、いらなくなったらマンションの一室とかに利用できるようになる。あらゆることを考えて行っていかなければと考えています」

みずしま「そういう、ジレンマはありますよね。例えば区民の方は、私もそうですけど、なくて困ってんだから、建てろ、作れという考えになりがちですけど、それだけではだめなんですね」

本目さよ「そうですね。そこから全体をみて考えないといけないですね」

みずしま「なぜなら予算は、税金ですからね」

本目さよ「はい」

みずしま「そういったことを議会などでの発言で変えていくと」

本目さよ「行政がやることをチェックしていいと思ったら提案してという形ですね」

みずしま「なるほど。実際、区民のかたでちょっとした悩みなんかは、本目さんだとかほかの区議のかたに相談すればいいですかね?」

本目さよ「そうですね。ちょっとしたことを聞くことで、いろんな困っていることが私の中に溜まっていき、それが一段上の段階として、行政としてどうすべきか、ということで施策に反映し、どうしたら解決できるか、育児ストレスだったら、一時保育で預けられるところを作ったらいいのではないかと、預かりあいが出来る仕組みを作ったらいいのではないかと、一段上げてきちんと提案しないといけないと思います」

みずしま「そういった、区民の方の意見を聞く場として活動している、本茶会っていうのがありますよね」

本目さよ「はい、区政報告会っていうので、よく区議の方は一年に一回とか大々的にやると思うんですけど、『本目さよとお茶を飲みながら、区政のこと、町のことを話す』略して本茶会というものをやってます。小さい規模で、双方向でお話ができればということで、年に4回定例会があり、その後に開催したり、あとは2人以上のかたからよんで頂ければお伺いして開催しています」

みずしま「なるほど。その中で、趣味の話とかで盛り上がったりもしますかね」

本目さよ「趣味の話を、ということはあまりないですが、和気あいあいとした雰囲気ですね」

みずしま「そうなんですね。ところで、趣味ってなんかあります?」

本目さよ「議員になる前は、空手をやってますと言ってたんですが、ちょっとなかなか忙しくて通えてないですね」

みずしま「そうなんですね」

本目さよ「まぁ、図書館で本を借りてきて読書とかそういうことになりますかね。後、着付け教室に通っていて、せっかくこんな、台東区という浅草、上野という歴史と伝統があるところにいるので、和服とか自分で着たいという思いがあり、区が行っている着付け教室に行っています」

みずしま「それは、いいですね」

本目さよ「そして、かろうじて着られるようになりました」

理想の未来へ向けて

動画はこちらをクリック

みずしま「では、最後にお聞きしたいのですが、本目さんが思い描く理想の未来っていうのはなんでしょうか?」

本目さよ「子育てに関していえば、子どもを産むということが辛いということをなくしたいと思っています。もちろん辛いこともあるかもしれませんが、みんなが産んでよかったと思える社会を作っていきたいと思います。もっと、大きくいえば、子育てだけではなく、誰かが何かをやりたいと思った時に、男だから、女だからというのではなく、やりたいことが出来るような社会になればと」

みずしま「そして、女性の議員が増えるといいですよね」

本目さよ「はい。女性の議員が増えないと行政も中々、変わらないと思いますし、そもそも住民代表である議会に、なぜ女性が少ないのか。住民は半々なのに、12%しか台東区はいないというのが、まぁ男性だから、女性の声を反映できないわけではないのですが・・・」

みずしま「でも、より反映できるのは女性だと思います」

本目さよ「そうですね。どうしても、世代、性別が違うと、分かりづらいところもあるかと思うので、そういったことは当事者のほうが反映しやすいと思います」

みずしま「是非、今後女性のかたが選挙に出られたらそういうことも考えて、投票して頂ければいいですね」

本目さよ「そうですね。いろんな人にチャレンジして頂ければと思います」

みずしま「告知とかなにかありますか?」

本目さよ「今後、女性議員であったり、若手の議員が、これだけ活躍しているというところを皆様にお伝えするようなメディアだったりそういった場、若者と若手の議員をつなぐ場を作っていきたいと思っています。今後も私のブログ、フェイスブック、ツイッターなどのSNSでチェックしていて下さい」

みずしま「きょうは、ありがとうございました」

終わり

プロデュース :みずしま まさゆき

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top