2014/07/16 社会
【東京オリンピック2020 Tokyo Olympic】開発の伴うスポーツイベントによる生活破壊  霞ヶ丘アパートへの一方的な退去通知One-Sided Notice From Tokyo Olympic To The Residents of Kasumigaoka Apartment Complex

7月15日、東京オリンピックのメインステージとなる予定の新国立競技場の開発計画に伴って発生した、「関連敷地」内にある都営霞ヶ丘アパートの取り壊し、及び住民の強制的な退去の中止を求める要望書を「霞ヶ丘アパートを考える会」と住民が舛添要一都知事に提出し、提出後記者会見を行った。

On July 15th, “A Society to Think About Kasumigaoka Apartment” submitted a request to the Tokyo governor Youichi Masuzoe to call off the plan to demolish Kasumigaoka apartment complex which also forcibly expulse residents in order to make room for the 2020 Tokyo Olympic’s new stadium. After handing over the request, they held a press conference.

「霞ヶ丘アパートを考える会」は、2年前の都による「関連敷地」指定は霞ヶ丘アパートに住んでいた住民に事前の相談なく一方的に行われ、「立ち退き通告」も唐突で、「国策」なので立ち退けというものになっていること、多くの住民は高齢の独り住まいで引っ越しを望んでいない、または引っ越しが体力的に困難であり、引っ越しをした後も新たな場所で暮らしを支えるための新しいコミュニティーや人間関係を築くことが困難であるなどの問題点を示した。

2 years ago, Tokyo metropolitan government and Japan Sports Committee decided Kasumigaoka apartment complex was in the “related area” for the 2020 Olympic without having any discussion with the residents. They gave all the residents the notice to leave 2 years ago, and it was out of blue for the residents. Tokyo metropolitan government and JSC explained that it was a decided “national plan.” Many of the residents are elderly and willing to stay. Because of their old age, moving out with their belongings and starting out a new life elsewhere and building a new community to support their daily lives are not easy tasks.

霞ヶ丘アパートに住む人々の実態は、茨城大学人文学部准教授の稲葉奈々子さんが実施したアンケート調査によって明らかになってきている。

An on-going questionnaire survey conducted by Nanako Inaba, associate professor at Ibaraki University, is slowly revealing the situation of Kasumigaoka apartment complex.

現在霞ヶ丘アパートには約160世帯が暮らしている。アンケートの回収率は約25%で、41名の住人が回答している。特筆すべきは、4分の3の住人がこのまま霞ヶ丘アパートで暮らしたいと考えていることや、半数の人々が40年以上に渡って住んでいるということだ。「霞ヶ丘アパートを考える会」は東京都と日本スポーツ振興センター(JSC)による一方的な退去通告を人権や居住権の侵害だと捉えている。

Currently there are about 160 family units living in Kasumigaoka apartment complex. About 25% of the residents participated in the survey. The survey showed a startling result. 4/3 of the residents are willing to stay, and the half of the residents are living there for more than 40 years. “A Society to Think About Kasumigaoka Apartment” considered the one-sided decision from the Tokyo metropolitan government and JSC violates human rights and the residency right.

霞ヶ丘アパートの歴史は古く、1947年にアパートの前身となる長屋形式のアパートが建てられ、1964年の東京オリンピックの際に建て替えられ今に至っている。住民の中には、戦前、戦時中、戦後の間、ずっと霞ヶ丘の地に住んでいた人もおり、彼らにとって霞ヶ丘はまさに「ふるさと」だ。霞ヶ丘アパートの棟内には商店もあり、お祭りもある。アパートの取り壊しは、建物だけではなく、支え合って生活してきたコミュニティーや人間関係も解体し、高齢者が多い為ひどい場合は結果として彼らの健康を害したり、生活破壊へと繋がってしまう可能性もある。

Kasumigaoka apartment complex has a long history. In 1947, shortly after the war, metropolitan government built tenement which later became Kasumigaoka apartment complex, and the apartment got rebuilt when the last Tokyo Olympic was held in 1964. Some residents live in Kasumigaoka before, during and after the WWII, and it’s there only home. There are shops inside the apartment complex and they even have their own “matsuri” festival. Demolition of the apartment may cause the destruction of the community that elderly residents rely on, and it can directly affect their health as well.

皮肉にもオリンピック委員会の示すアジェンダ21は、「持続可能開発用国際協力プロジェクトの強化」「社会的排除撲滅運動を援助」「新規消費者性向の奨励」「健康維持促進に積極的な役割」「社会のニーズにさらに上手に適応するスポーツ基盤を振興」「環境概念をスポーツ施策の中に取り入れる」などと、オリンピックの果たすべき役割を羅列しているが、住民の強制退去や大規模な再開発はアジェンダ21とも矛盾するのではないかと、登壇者の森まゆみさんは指摘した。

Ironically, IOC’s Agenda 21 says that Olympic should be kind to people, society and the environment.

 

プロデュース :蜂谷翔子

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top