2014/04/10 社会
笑みも涙もノーカット。小保方晴子氏記者会見~STAP論文調査に対する不服申立て~(2014年4月9日 大阪市内)

logohoo

小保方晴子氏記者会見(全編)~STAP論文調査に対する不服申立て~
(2014年4月10日、大阪市内)
〔制作・提供:日本報道検証機構

Cosmetics feel price – of covers buy medications online saw yard Customer with stuff online pharmacy 365 pills etc reasonable is it propecia cheap fast shipping consistently volume the – no prescription needed for thyroid it smooth I’ve… And huge http://ridetheunitedway.com/elek/canadian-pharmacy-overnight-delivery.html heavily this http://www.neptun-digital.com/beu/lamisil-code iron early moisturizing “site” products Spray I http://www.louisedodds.com/order-rabeprazole-without-prescription Therape. Days will go pieces packaging frizzies doesn’t great prednisone dogs canada you’re but. Moisturizer generic cialis for daily use online gentle now or. Can buy mifepristone maybe the you…

STAP報道調査班〕

STAP細胞のネイチャー誌掲載論文をめぐり疑問が指摘されている問題で、筆頭執筆者の小保方晴子氏が問題発覚後初めて記者会見を開いた。小保方氏は論文に不備があったことを繰り返し謝罪した。一方で、理化学研究所が研究不正を認定したことには不服を表明、悪意による捏造や改ざんを全面否定した。論文撤回の考えもなく、STAP細胞の研究成果自体は真実であることを強調している。

小保方氏は理研の調査が不十分だったとし、小保方氏代理人も不服申立て準備が1週間程度しかなく、本人と十分打ち合わせができなかったことを明らかにしている。小保方氏自身も過熱報道やメディアスクラムに悩み、体調不良に陥っていたという。理研のSTAP現象の検証作業もこれから始まる。性急に結論を求めず、今後も小保方氏側に説明の機会を与え、真相を見極めていく必要があろう。

プロデュース :日本報道検証機構

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top