2019/07/24 文化
わいわい和気あいあい!ラビットホッピング大会【第5回うさぎのしっぽ杯】

2019年6月2日、第5回うさぎのしっぽ杯ラビットホッピング大会が、葛飾区柴又「うさぎのしっぽCAMP」にて開催されました。こちらの動画は、大会の様子をまとめたものとなります。

 

ラビットホッピングとは、うさぎの障害物ジャンプ競技です。ハンドラーと呼ばれる飼い主と共にハードルを駆け抜け、バーを落とした本数と、タイムを総合して競われます。落としたバーとタイムでは、バーの本数のほうが優先され、タイムが早くても落としたバーが多いと減点数が増えます。タイムが遅くともバーを落とさず、正確に走り抜けるとより成績優秀となります。コースの途中で止まった場合、3分を超えるとタイムアウトで失格します。往復で2走したうち、良い方の成績が採用されます。

 

ラビットホッピングは1970年代のスウェーデン発祥で、ヨーロッパ、アメリカと順に広まり、日本に入ってきたのは2014年頃です。日本ではまだまだ歴史が浅いのもあって、ジャンプの種類もほとんどありません。しかし海外では世界大会も開かれるほど人気が高く、ジャンプも、ロングジャンプやハイジャンプなど多彩です。今回の第5回大会では、非公式ながら日本初のハイジャンプの記録が残ることになりました(後述)。

 

日本では主に日本ラビットホッピング協会(略称「JRHA」、読み方「ジャルハ」)がラビットホッピング普及を手がけています。今回の大会も日本ラビットホッピング協会の主催となります。

 

その時その時の参加うさぎのコンディションにより、大会の色も変わってきます。今回の大会は、比較的平均的な記録と、タイムアウトしたうさぎが複数いたことが特徴的かと言えるのではないでしょうか。大会会場は普段から練習場としても使われており、会場に慣れているうさぎが多く、緊張感あふれるというよりはリラックスした雰囲気での大会となりました。

 

大会はクラス分けされ、初級(1段15cm)、中級(3段25cm)、上級(5段35cm)に分かれて競います。またその他、5段以上の段数を申告してジャンプする「トライアル」、今回初めて試された「ハイジャンプ」があります。

 

大会の進行はうさぎ主体です。うさぎが跳びたくなければ、その場に留まり、促すことはしても、無理を強いてまで跳ばすことはしません。結果タイムアウトになることもあります。競技としてうさぎを跳ばせることが可哀想と言う人もいますが、日本にラビットホッピングが入ってから日がまだ浅いのもあり、未熟な側面も否定できません。世界的には、競走馬同様、血統も管理して繁殖し、高い頻度で大会が開かれるなど、スポーツとして定着しているのが伺えます。日本ではスポーツとして成熟するまで見守る必要があるでしょう。

 

今回は、非公式ながら初めて「ハイジャンプ」が試されました。競技仕様のハードルは5cm刻みで最高5段35cmまでなのに対し、ハイジャンプ用のハードルはもっと高い段数までセッティングできるものです。現在、競技で最も高いハードルを跳べるうさぎが特別に挑戦することになりました。競技での最高段数は、トライアルでの8段50cmです。ハイジャンプはそれ以上の高さとなります。

 

その結果がどうなったかは、ぜひ動画でご確認ください。動画URLは後述します。

 

今回のラビットホッピング大会動画は、クラス分け及び進行ごとに6本の動画に分かれています。以下の通りです。

 

●開会式・初級
https://youtu.be/n0zs-VnXk5c

 

●中級
https://youtu.be/VqtdeEzYbIY

 

●上級
https://youtu.be/_wINSa2jBHM

 

●トライアル
https://youtu.be/FSPumHDldio

 

●ハイジャンプ
https://youtu.be/arbqWoeCBbc

 

●表彰式・閉会式
https://youtu.be/lJ_gmxKt5zk

 

なお、これらの動画をまとめて見られる「リスト」もあります。こちらからご覧ください。

 

●第5回うさぎのしっぽ杯ラビットホッピング大会
https://www.youtube.com/playlist?list=PLI9kUjtyqxCImD2xydAvpJW6IHwsIt7bD

 

うさぎとの絆を養うラビットホッピングの楽しさ、うさぎの可能性を感じていただければと思います。興味を持たれましたら、ラビットホッピングの行く末を焦らずに見守ってください。

 

———-

 

スタッフ
町田修(日本ラビットホッピング協会 会長)
玉城和則(日本ラビットホッピング協会 役員)
長嶋友紀(日本ラビットホッピング協会 役員)
鈴木達矢(うさぎのしっぽ柴又店)

 

スチールカメラ 諏訪
ビデオカメラ 西村(8bitNews)

 

———-

 

日本ラビットホッピング協会
公式サイト
http://www.rabbithopping.jp/
Facebook
https://www.facebook.com/japanrabbithopping/

プロデュース :西村晴子
Share on Facebook
LINEで送る

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top