2019/07/17 政治
【参院選2019】消費税廃止を公約。山本太郎「れいわ新選組」は台風の目となるか?

「そんなに何百万票も獲れるのだろうか?」。支持者は気を揉む―

 

山本太郎が国会議員を続けるには330~350万票を、れいわ新選組が政党として法的に認知されるためには500万票を獲らなければならないからだ。

 

国政選挙に行かない人は有権者の約4割=4,000万人にのぼる。このうちの10人に1人が投票に行き「れいわ」あるいは「山本太郎」と書けば400万票となる。これに根っからの太郎支持者の票が乗れば、500万票を超える。

 

山本はつねづね言うー

 

「最も政治を必要としている層が選挙に行っていない。経団連は選挙で自民党を勝たせて政治をコントロールしてるじゃないか」と。

 

派遣労働者、障がい者、コンビニ店長・・・虐げられ、収奪されてきた当事者を候補者にした。

 

当事者の声を国会に反映させるのが目的だが、彼らと同じ層を選挙という一票一揆に立ち上がらせる狙いもある。

 

5日、山本はオヤジの聖地新橋で安月給のサラリーマンたちに訴えた―

 

「(搾取され)食い尽くされますよ。選挙の時ぐらい しっかり 横につながって自分たちがコントロールできる議員を入れなきゃ…」

 

「4割の人が投票あきらめてますよ。この4割が手を、ゆるやかでいい、消費税を廃止にするとか、そういったことでいい。今よりも生活を楽にするということで緩やかに横につなげば…」

 

「いま全有権者の2割か3割程度しか得てない人達がコントロールしてるんですよ、それ超えられるじゃないですか」。

 

出張帰りに立ち寄ったという会社員(石川県在住・50代)は「庶民に近いのがいい。政治家っぽくないけどちゃんと政治をやってる。常識的じゃないところがいい」と期待を寄せる。

 

創価学会員に手を突っ込み、選挙に行かない層を一票一揆に立ち上がらせる。山本太郎はどうしようもない日本の政治秩序をひっくり返すつもりだ。(敬称略)

 

※田中龍作ジャーナル参照

 

安冨歩・東大教授

 

三井よしふみ(元セブンイレブンオーナー)

 

渡辺てる子(元ホームレス。シングルマザー。非正規雇用を首切りされた被害者)

プロデュース :及川健二
Share on Facebook
LINEで送る

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top