2019/04/23 公式動画
#私は象牙を選ばない

国際情勢を中心に、dTVチャンネルで8bitNewsがお伝えする報道番組「NewsX」月曜日。今回は象牙と象の密猟や乱獲の問題を特集。この問題で「#私は象牙を選ばない」というハッシュタグを立ち上げ署名や啓発活動を続けるNPOの活動に注目した。驚く技術で実態を知らせるアニメーションが公開された。

NPO法人アフリカ象の涙代表の山脇愛理さんは次のように語る。

『今回あえて「買わないで」ではなく「選ばない」という言葉にこだわりました。「アンチ象牙」ではなく、買うときに「象牙を選ばない」、他のものを選ぶ、それだけで日本を前向きな方向に導ける誰にでもできるステップであること、そして「買わない」だと「買っていないし」で終わってしまうので、「買う」という言葉を避けました。またハンコグラフにおいては、「問題で問題を解決する」というところにもこだわりがあって、このようなハンコを使ったアニメーションが出来きました。とにかくネガティブではなく、象牙はサステナブルではないので、卒業してグローバルスタンダードに追いつこうよ!という思いが伝われたらと思います。日本も残り3%のゾウを守る側になれますように。』

+++++++++++
以下、8bitNews記事より引用

あと10年でアフリカゾウが絶滅するかもしれない。
この事実をあなたは知っていますか?
1980年に1000万頭生息していたアフリカゾウは、
現在3%までに減少してしまいました。
その多くが密猟の犠牲となったからです。
このまま密猟が続けば、あと10年でアフリカゾウは
絶滅すると言われています。
この深刻な事態を受け、中国をはじめ多くの国々が
国内取引の禁止に踏み切っています。
しかし残念なことに、現在日本は世界最大の
象牙の合法マーケットとなっており、
その80%はハンコとして使われています。
ハンコは、海外の方にも人気がある
日本の誇れる文化です。
この文化を長く継承していくために、
よりサステイナブルで環境に優しい素材を選びませんか?
現在、ハンコには20以上の材料があると言われています。
私たちの選ぶハンコが、象の生死を分けるとしたら、
あなたは、象牙を選びますか?
ぜひ「#私は象牙を選ばない」キャンペーンに賛同してください。
この動画を見て、何かアクションを起こしたいと思われた方は、
ぜひ、署名にご参加ください。
そして、この事実をより多くの人に知ってもらうため
動画のシェアにご協力ください。
キャンペーンサイト→ https://noivory.jp
ーーーーーーーーーーーーーーー
WILDAIDはサンフランシスコに本部を置き、
世界12カ国を拠点に野生動物違法取引と密猟の撲滅に向けて、
消費者の理解をバックポーンに野生動物製品の消費をなくしていく
取り組みを行っている野生動物保全団体です。
現在日本ではNPO法人アフリカゾウの涙と
制作会社Mt.MELVILをパートナーに取り組んでいます。
Facebook: https://www.facebook.com/wildaidjapan/
WILDAID: https://wildaid.org

プロデュース :horijun
Share on Facebook
LINEで送る

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top