2018/07/26 国際
カナダあたりまえ通信4

カナダ バンクーバー近郊より

 

私の住む街に限らず、カナダ全土で子供も参加して募金・寄付活動をするのはあたりまえです。

ブリティッシュコロンビア州立子供病院(州立の小児科専門の総合病院)と銀行が主体となり子供も参加型のチャリティーミニマラソンが毎年開催されます。

 

バンクーバー市内のクイーンエリザベス公園周辺で2キロと5キロのコースがあり、小さな子供たちも参加しやすいように配慮されています。

 

この日に合わせて多くの学校や企業はじめ様々な団体が募金・寄付を募ります。

企業からの募金・寄付はもちろんのこと、多くの人々が、州立子供病院の専用ホームページからカード決済を利用して募金・寄付をします。

 

子供たち自身も、自分のお小遣いを募金したり・(学校単位などで)洗車をして売り上げを寄付したり・お菓子作りが得意な子は自作のマフィンなどを学校で許可をもらって売ったり・小さな子供が家の前でレモネードを売ったりなど、自分たちのできる範囲で寄付をする努力をする子たちもたくさんいます。

 

災害時はもちろんのこと、平素でも寄付やボランティア活動が年齢に関係なく、自分のできることから始めたら良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

プロデュース :高橋輝美

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top