2018/03/15 国際
カナダ あたりまえ通信2

カナダ バンクーバー近郊より

 

私の住む街では、だれでも分け隔てなく外出をしているように感じます。

電動車いすで生活されている方もたくさんいらっしゃるので、コミュニティの中に溶け込んでいます。

というよりいらっしゃるのがあたりまえです。

電動なので動きが取りやすいということもあるかとは思いますが、車いすの方でも一人で移動できるように環境が整備されているからということを改めて動画を作成し感じました。

日本とカナダの国土の違いは否めないので、パーキングの数や道路の幅などは比較すべきではないと思いますが、道路をはじめとした段差解消・ドアの開閉システムなど2020年オリンピック・パラリンピックへ向けての環境整備が急務である今だからこそ開催地東京だけに限らず日本全体で改善したら、誰もが暮らしやすい社会になるのではと思います。

 

私の住んでいるカナダという国は環境だけでなく、

人々の心も寛容であると個人的に感じています。

 

環境もさることながら人々の心の段差が少なくなったら

社会が変わるかもしれませんね。

 

 

 

 

プロデュース :高橋輝美

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top