2017/10/12 政治
【総選挙2017】同性婚についてはまだ検討してない-片山虎之助「日本維新の会」共同代表 by 酒井佑人

10月9日、「日本維新の会」共同代表の片山虎之助・参院議員が、日本外国特派員協会で記者会見を行った。

 

様々なプレスが集まるなか、最前列に座っていた、France10契約記者、ゲイレポーター酒井佑人さん(Twitterアカウント:@sakaiyuto226)は真っ先に指名され

 

「日本維新の会は同性婚、または、フランスのPACSのような同性間のパートナーシップ制度の実現に賛成ですか?」

 

と質問をしたところ

 

「この問題については世界的にも大きな問題であり、日本でも触れられているが、わが党は今のところまだ検討はしていないが、今後検討したいと考えている。」

 

と回答した。

 

また、France10及川健二支局長が、

 

「女性天皇や女性宮家の創設については、日本維新の会はどのような考えをお持ちでしょうか?」

 

と質問をしたところ

 

「女性天皇と女性宮家は違う。ただ、天皇の退位を各党が集まって決めたが、女性宮家の問題は急いで決めるべきだと会議で私は発言をした。女性宮家はどういう形であれ作っておかなくてはいけないと思うが、党として決めたわけではないので、もう少し時間がほしい。」

 

と回答した。

取材&文:酒井佑人(ゲイレポーター)

 

France10はParis長期滞在取材の為に財政がひっ迫しております。今後もフランス発の情報を発信するため、寄付をいただければ幸いに存じます。ご支援のほどよろしく御願い申し上げます。

プロデュース :及川健二

Comment

コメントは管理者が承認後に表示されます。

Page Top